06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

風のいろ

明日 お天気やったら嬉しいなぁ 

MEMO(コメントなしでお願いします) 

 12月12日(日)

夜8時 急にヨロヨロとしだし ご飯ももどす。
顔もユラユラ 
視点がどうも 落ち着かない。
(脳に何かあったのかも・・そんな思いが頭をよぎる)

夜中に何かあると怖いので 救急の病院に連れて行く

急な胃腸障害か・・とりあえず吐き気止めをいただく。


12月13日(月)

かかりつけの病院へ。
話をすると 脳障害ですね・・と 
予感的中。

目が左右に動き 車に酔っているような状態。
吐き気もおこってくる。
ステロイド剤にて 様子をみることに。
効かなければ このままじょじょに悪くなって 痙攣症状も出てくる可能性が。


毎年夏になると出てくる白血球減少症も出ず
楽に夏を越せたので 安心していたのに・・・。
なんでこの子を苦しめる?


お水は口移しで飲むものの やはり吐いてしまう。

私の姿が見えなくなると ヨロヨロよたつきながら
後を追ってくる。 
赤ちゃん用の 抱っこ紐を作り そこに入れて用事をする。


12月14日(火)

あさ病院へ。
食べてないので 病院で栄養剤の点滴を夕方まで打つことに。

夕方迎えに行く。
左前足に カテーテルを入れられている。
そのカテーテルを引きちぎらないように
首に 透明のカバーを巻かれている。


心なしか目のゆれが少なくなったような?
病院では吐かなかったらしい。




夜 一度 夜中 1度 もどす。

目を見ていると 運命を受け入れているような そんな感じを受ける。
ストレスになる首のカバーもとってやる。



12月15日(水)

朝から病院へ そして夕方迎えに行く。
また病院ではもどさなかったらしい。

病院から出るなり首のカバーをはずす。

お水なら少しあげてもいいとの事。

目のゆれがまた少しましなようにおもう。
尻尾をふったり 反応も少し元気な感じ。
自分から お腹を見せて 撫でてほしいポーズをとる。



12月16日(木)

朝も少し元気。
舌で なめてくる。 なめ方も力がある。

このままよくなってくれたら嬉しい。

    あの時 終える命だったのを 今まで延ばしてくれていたのかもしれない
    1年半くらい前 3メートルもの高さの用水路から落ちたとき
    骨折もせず 内臓の破裂もなく 左前足の筋を痛めただけで
    奇跡的に助かった
    バロンが守ってくれたんだって思った その命
    今 また バロンが逝った冬に クリスマスに 連れて行こうとしているのかも
    しれないと思ったり・・・
    
    多くの優しさと愛を家族にくれた
    貴方の体に顔をうずめて 涙をすいとってもらった子供たち
    疲れた心を癒してもらった私達
    小さな子供たちを わたしたちに見せてくれて 母の愛を見せてもらった

    母であり子供であった

    このまま このまま もう少し・・
    私たちは まだ 何も返せてないんだから・・
          



12月17日(金)

   もどしたのは ゆうべ22時ごろ1度
   夜中は一度も起きずに朝まで 寝てくれる

   後追いは相変わらず

   昨日病院へ迎えに行くと エルらしき泣き声が。
   ワン   ワン と一定間隔をおいて 一声
   あれは 家で一人で留守番している時に 5時6時になって 
   暗くなってくると 「お腹がすいた」なのか「寂しいよ」なのか
   そんなときに鳴いているときの声
   先生に聞くと やはりエルのもの。 
   誰かが来てくれると泣き止むらしい(笑・・)

   さて 今日ももうすぐ病院へ。
   エルを預かってもらっているあいだに できることを済ませておかなくては・・

家でもどすため 今日はバリウムを飲ませレントゲンを撮る事に。
胃の荒れは見られるものの 腸にも胃にも腫瘍のようなものは見られないとの事
ひとあんしん。
吐き気止め 抗生物質の注射を打つ。


元気がまた戻ってきた。
家に帰ると ウロウロと歩き出す
少々首も左に傾き ちょっと足元も危うい。
それでも 昨日よりも 歩き方も確かなものになっている。

目のゆれはほとんどない。


食べ物のにおいに反応を見せる。
自分で水を飲みにゆく。
結構たくさん飲む。

後はよく眠る。

もどす事がなくなって ご飯を食べれるようになるといい。


12月18日(土)

お水も飲み ポカリも飲み
一度も吐かずに朝を迎える。

朝病院へ。

今日からお預かりはなし。一緒に家に戻る事に
夕方また病院。


なんと 朝 柔らかなおかゆ風のドッグフードを食べさせてもいいことに。

用意してやると ガツガツ食べる。
吐く事もなし。

夕方病院へ。
注射・そして薬をいただく。
このまま様子を見ながら ドッグフードも増やしていく事に。


ばんざい!
とりあえずは 落ち着いた。
少々首が傾いてしまうという後遺症は残ったものの
元気だ。
とことこ元気に歩いてくれる 
ご飯を食べてくれる
シッポを振ってくれる

何もいうことはない。





 





Posted on 2010/12/16 Thu. 11:52 [edit]

category: 日々

TB: 0    CM: 1





16

コメント

No title 

ワンコの看病で大変だったんですね(>_<)

このまま元気になってくれると良いですね~♪♪

心配だ!!

URL | echo #79D/WHSg | 2010/12/16 21:53 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazeiro8765.blog39.fc2.com/tb.php/72-a07022d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list