07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

風のいろ

明日 お天気やったら嬉しいなぁ 

北の大地へ 北海道 7日目 ① 

宿に帰り 天気予報のチェック
この後の二日間は晴れるとの事 …

もう1泊して 霧で見れなかった摩周湖  もう一度…
な~んて いろいろ考えましたが  
今回は無理せず 当初の予定通り走って 帰ろう という事になりまして


小樽からの フェリーを予約。

北海道も 明日1日でおしまいという事になりました。




6月15日(水)


朝起きますと 空は青空 

うっしゃ~! 

a_20160706132652312.jpg 


食事をいただき 7時半頃に出発。

a1_201607061326542d3.jpg 


路面電車ありの 札幌の街

a2_2016070613265505b.jpg 

街を抜け 
a3_201607061326578c2.jpg 

南へと 


青空が見える 
それだけで 嬉しい気持で走れるね

a4_201607061326511c1.jpg 

R230で中山峠へと
関西では目にしないシェードなんかがあったりして

a5_201607061327026c8.jpg 

道の駅 望羊中山

a6_201607061327045f8.jpg 羊蹄山が 見えるってことなんだけど 大半 雲に覆われてます





峠のあげいも 買ってみました
a7_20160706132705f33.jpg
アメリカンドッグのジャガイモ版ですね  
生地が少し甘く 中はジャガイモ。

マヨネーズやらケチャップ マスタードなどなど いろんな調味料が置かれていまして
自分の好きなものをつけて 食べるらしいのです。



ジャガイモをそのまま揚げてあるのかと 期待して買ったんですが
違いました。。
残念。。







さて 230から 羊蹄山のすそ野を走り
 a8_20160706132707e19.jpg 
羊蹄山 先日よりは よく見えますが 雲に負けましたー
a9_201607061327019ad.jpg 

暑くなく寒くなく 気候は最高
気持ちよく走れてしまいます。





R5号を少し走り 今度は d58



二車線から やがて 1車線になり 
雲の中へ 出たり入ったり
a10_20160706132748ab1.jpg 


d66に合流して
先日あがってきた 268との分岐点

a11_201607061327493ce.jpg 


今日は まっすぐ d66を下りていきます。






そしたら 眺望のいいところ
日本海が見えましたね~

a12_2016070613275168b.jpg a13_201607061327523fb.jpg 


どんどん下りて行って

a14_2016070613274674c.jpg 
道の駅いわない で休憩

a15_2016070613280316c.jpg 


R229 海岸線を走り

a16_201607061328041d9.jpg 



海岸線の美しいところで このまま海岸線を走って行っても良かったんだけど





d998

道内では少ないロングワインディングロード 
っとくりゃ 走らないわけにはいかないっしょ!

a17_20160706132806e55.jpg 



吸い込まれるように 山方面

a18_2016070613280708c.jpg 
民家もナシ もちろん車もほとんどナシ

クネクネと上がり


a19_201607061328017ac.jpg 

下に走ってきたトンネルが 見えたりと  なかなかいい景色!
a20_20160706132852162.jpg 
積丹半島 けっこう奥があります

a21_20160706132854362.jpg 

トーマル峠
長~い スノーシェード
a21a_20160706132855b57.jpg 

そのスノーシェードの間に 穴を空けて 設けられていた 展望所
a22_20160706132857d67.jpg 

路面も良くて 気持ちよく走って

a23_20160706132851978.jpg 




石狩湾へ抜けて R229を北西へ 
国道が カクカク 90度に曲がっていきます。

a24_201607061329047be.jpg 

綺麗な海岸線を行き

a25_20160706132906beb.jpg 
このあたりに来ると 「ウニ丼」「海鮮丼」の文字がたくさん見かけられるように。







心惹かれながらも 
着いたのは 神威岬の駐車場

a26_2016070613290738c.jpg 
駐車場から岬までは 前にある笹の中の道を上がって 歩いていきます。




急な坂道を上がると 女人禁制の門。
源義経と義経に恋い焦がれたアイヌの娘チゃレンカの伝説が 
神威岬女人禁制の理由だそうですが…

現在は女性も通れます~

a27_20160706132909c74.jpg 門から見える あの灯台へ歩いていきます




うほ~ ♪

a28_20160706132903c22.jpg 
綺麗な海♪


門をくぐると 急な階段があったり 譲り合いながらすれ違わないと通れない箇所があったりします




念仏トンネルも見えました。


a29_20160706133536e9c.jpg かつてここは荒波に足をすくわれ亡くなる人が多かった事もあり 大正3年にトンネルを掘る事に。
岬の東側と西側から掘り始めたのは いいけれど 測量技術が未熟だった事もあり トンネルの中で食い違いが起こってしまったそうです。犠牲者の供養の意味も兼ね 双方から 村人が念仏を唱えながら鐘を鳴らしたところ その音で進む方角がわかりトンネルは無事に開通し、それ以来「念仏トンネル」と呼ばれるようになったということです。

a29a.jpg 今は 通る事ができません。




こちらでは ニッコウキスゲと呼ばれているエゾカンゾウも咲いていましたよ

x2_201607061440440a8.jpg 

積丹ブルーと呼ばれる 美しいブルーの海

x_20160706144045eb6.jpgもっとお天気 がよければ もっと綺麗に見えたのかな~


下が見える橋を渡り

a29c.jpg 
尾根を歩いていきます

a30_201607061335357c6.jpg 

こんな可愛い花もa31_20160706133558eb2.jpg 

木造の手すりが付いた 譲り合いの道a32_20160706133600c3e.jpg 

どんどん歩いていきます

a33_20160706133601277.jpg 
革パン ライディングシューズではなかなか歩きにくいね~

a34_201607061336030e2.jpg 



この三角の山が見えたら もう少し

a35_201607061335579ee.jpg 

神威岬灯台 到着a36_2016070613373690b.jpg 











船が!
きっとあれ 小樽から出発した 寄港便だよ~って
a37_20160706133737f08.jpg それなら きっとあの長岡のご夫妻が乗ってるね
小樽10時に出て 2時間半くらいで この場所



見えるか 見えないかわかんないけど
嬉しくなって 大きく何回も手を振りましたよぉ









そして 灯台の先 神威岬の先に見えたのは 神威岩  
z_20160709112939c28.jpg 

奥州から逃亡した源義経と恋に落ちた酋長の娘チャレンカ 
彼女は北へと旅立った義経を追って 神威岬まできたものの義経一行はすでに出港した後だった。。
悲しみに暮れたチャレンカは岬から身を投じ チャレンカの悲しみが形になったものが神威岩だと伝えられています。
それ以降神威岬では チャレンカ姫の悲しみに引きずられるように 自殺者が後を絶たず この土地を世と別れる町「よべつ」と呼ぶようになったそう。
また 神威岬周辺の海域を助成を乗せた船が通りかかると チャレンカ姫の嫉妬にあい 沈没させられると言われ 明治初期まで女人禁制の地とされていたそうです。
 (現在でも神威岬は潮流が早く岩礁も多いため、海難事故の多い場所として知られています)  

a39_2016070613374053d.jpg 

そう言えば 青森の 最北端の駅 三厩駅にも義経伝説がありましたよね
義経は 蝦夷地に渡り そして 大陸へ渡りチンギス・ハ―ンになったという話もありますもんね~

う~ん  もしかしたら 本当にそうだったのかも。。

z1_2016070911293824b.jpg 
綺麗なブルーの海の色ではあったけど
空が青空なら 海の色ももっと青く輝いていたのかもですね






岬の端から 灯台を振り返ると こっちも素晴らしい風景





a40_20160706133734de9.jpg

さて戻りますか






あの道を歩いてきたんですね~
こうしてみるとなかなかワイルドな道 

 a41_20160706133749cab.jpg 少し冠雪した山は 余別岳か 積丹岳かな・・




なんとも いつか崩れ落ちてしまいそうな道だよね~

a42_20160706133750d8c.jpg 





歩いたので お腹がすいたーーー
駐車場にあるレストハウスで 昼食。


ここにきたら ウニ丼でしょーーーって 言われるかもしれないけど
むしょうに こってり系が食べたくなって
二人でカレー笑

a43_2016070613375164c.jpg 




満足満足で  次の場所へ。

a44_20160706133747d61.jpg 





続きます。





 





Posted on 2016/07/07 Thu. 15:15 [edit]

category: 北海道

TB: --    CM: 8





07

コメント

いよいよ 

旅も終盤だね~
神威岬!海がめっちゃ綺麗♪
岬の先端へ続く尾根道?がスゴいっ!絶景ですなぁww
なんか空飛べそう(笑)

URL | みう #ULyE9yaE | 2016/07/08 19:39 | edit

積丹半島! 

こんばんは〜!
旅って何日行ってもあっという間に終わるんですよね、充実していた証拠ですよね!
私は積丹半島未踏の地なんで、とても羨ましいです!
積丹ブルー、素晴らしいですね!
神威岬はいつからか行ってみたい、そんなに伝説が
あるなんて知りませんでした。
ウニ丼よりカレーライス、解りますよ〜〜(*^◯^*)
羊蹄山は、真ん前のキャンプ場でテントを張りましたが、やはり雲に隠れたり見えたり、なかなか神秘な
山でした。
もう最終話ですね。

URL | エガッキー #- | 2016/07/09 01:57 | edit

 

最終日は雨でなくて良かったね(^_^)
交通量も少なく広い大地独り?2人じめ(笑)
美味しい物をいっぱい食べて…
出会いあり感動有り 貴重な思い出になりましたね。

URL | チョロ #xmQgren. | 2016/07/09 06:14 | edit

No title 

朝 カーテンを開けると青空♪
嬉しくなっちゃいますよね~

私は小樽からの道南方面はバイクでは走ったことがなく
夫に道南の海岸沿いもとても綺麗でお勧めと聞いていました。
積丹半島は一度行ってみたいところのひとつ
神威岬灯台まで歩いて行ってみたい!と思います。
でも灯台へ続く道はちょっとスリルがあり怖い道ですね(;´∀`)
真夏は凄い人で歩くのもちょっと大変なのかな?

ウニ丼もいいけど北海道のホタテカレー
これもまた食べなくちゃね♪

URL | sarasara #zP5wrhHQ | 2016/07/09 07:09 | edit

◇ みうちゃんへ 

んだね~ いよいよ終わりに近づいた。

神威岬 全然予測もしなかった風景だったんで 絶景絶景 
うぉ~とまた雄たけびをあげた 笑
積丹ブルーと言われる海の色もまた綺麗だったし

飛べるならほんと飛んで上から見てみたい風景だったかも。


URL | F_chii #- | 2016/07/09 11:02 | edit

◇ エガッキーさんへ 

そうなんですよね~
旅には必ず終わりって言うのがあって。。
終わりがあるから また 始められるんだけどね 笑

積丹ブルー ちょっと曇り空でもかなり綺麗でしたから
これが青空ならもっとブルーが際立ったんでしょうね~

考えてみればご当地の食べ物をあんまり食べてないんですよね 笑
その時食べたいものを食べるのが一番なんでしょうけど 
やっぱりね~ 食べてみればよかったかなって思います~ 笑

羊蹄山なかなか晴れないのかな~
晴れてすっきりな羊蹄山もこれまたみたいもんです♪

URL | F_chii #- | 2016/07/09 11:06 | edit

◇ ちょろちゃんへ 

最終日が雨だとね~ 気持ちが落ちるけど…笑
晴れて良かったです~

やっぱり お泊まり旅って いいですね~

今度ちょろちゃんも四国だよね
素敵な思い出いっぱい作ってきてね~

URL | F_chii #- | 2016/07/09 11:08 | edit

◇saraさんへ 

青空っていうだけ テンションあがりますね 笑

積丹半島だけでなく 函館からの海岸線も綺麗だそうですよ~
神威岬 この時も結構な人でしたから
トップシーズンは もっと人が多くなるのかな

それにゆっくり歩いて往復40分から~1時間くらい歩くので
飲み物なんかをしかり持ってあるほうがいいかと思います~

北海道 見どころ満載で
やっぱり広いですね~


URL | F_chii #- | 2016/07/09 11:12 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form