03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

風のいろ

明日 お天気やったら嬉しいなぁ 

北の大地へ 北海道4日目 ① 

6月12日(日)


朝起きて 外を見たら 曇り空
深く霧か雲がたれこめている状態。


さて どうするか。。。  
お天気チェックして…


明日からは お天気が崩れそう 
今日は できるだけ 見ておきたい 走っておきたい 走れるところまで。




そんな感じでまずは準備


a_20160628165036ac6.jpg 普通のお家みたいに見えるお宿
お安くて 居心地良くて。。

朝お母さんが 最後まで 見送ってくれました。



a1_2016062816503791d.jpg 


街中から 少し出ると もうそこは 広々したばしょ



日も照らず 肌寒く 気温 11度 
先を見れば 霧
もしかしたら 雨が予想されるかも? と 少し広い所にバイクを停め 雨仕様に変更。

a2_20160628165039cea.jpg 



道路に 「鹿注意」a3_20160628165033bfb.jpg それだけ 頻繁に出没して 事故なんかもあるんかな




少し高度が上がり 前方が明るくなって来た


a4_2016062816503458b.jpg 
青空が見えてきたね♪   良かった!
気温も少し温かくなってきて ほっ。





いったん阿寒湖の前を通り過ぎ 

a5_20160628165053cd6.jpg 



 d949へ
自衛隊の車が 列をなして走っていましたよ

a6_20160628165055c1f.jpg 



オンネト―
y_20160629183313538.jpg 
見るごとに 色が変わる 五色の湖って言われてるんだけど
朝 逆光になるもんで 山の緑だとか湖の色が どうしても光ってしまって。。


a8_20160628165050690.jpg 
湖の向こうにあるのは 雌阿寒岳 と 右が阿寒富士
雌阿寒岳は 今も煙をあげる山
a10_201606282024051f3.jpg 
お日様が高くなる 午後がお勧めの場所だな~ 。。
ここも宿題になりそ

湖のそばには 生き生きとしたシダが生えていました

a9_20160628165052d57.jpg 



そして ピストンにて 戻り
今度は 阿寒湖のほうへ 
お店やホテルが立ち並ぶ所を 通り

a11_20160628202406276.jpg 

湖のそばに
y1.jpg 
こちらが 雄阿寒岳
y2.jpg 
アイヌの所も少し立ち寄ってみたかったんだけど 今回はパス




R241を走って

 
牧草ロールを積んだトラック♪  こんなの見ても嬉しくなる

a14_20160628202404090.jpg 



バイクを停めて…

a15_20160628202416172.jpg 

双湖台  
a16_20160628202418565.jpg 

パンケト―とペンケト― 二つの湖を見る事が出来る場所で
パンケト―は 木々にかくれてしまって ちょっとしか見えない…
ここから見るペンケト―は 北海道の形に見えると いうんだけど…
見える?

そう言われれば…みたいな感じかな 
y3.jpg 
双湖台で 湖を見ていたら 霧が またどんどん押し寄せてきて
早々に 退散。

a18_20160628202413f91.jpg 
晴れてるんだけど…

a20_20160628204100ba7.jpg 

霧が上がって来てるんだよね~

a21_20160628204100833.jpg 


地形の変化のせいか 同じ地域でも 
霧が立ち込めていたり 晴れていたり その場所場所で ほんと お天気が変わる場所でした



a22_20160628204101c3f.jpg 


身体も冷えたので 道の駅 摩周温泉で 休憩~。
とーちゃん 道の駅綺麗になってる って 驚いてたさ

a23_20160628204056a2b.jpg 
道の駅の中はあったかくて~ ♪





道の駅の中 リアルタイムで 摩周湖周辺が 映し出されていて 
摩周湖も 美幌峠も 霧で真っ白! 何にも見えない状態。


これは 行っても仕方ないか。。


とりあえず 裏魔周だけでも 行ってみるか って 





バイクのそばに車 しかも奈良ナンバー!   

a24_20160628204059865.jpg (バイクを停める所 ゴムを敷いてくれてあるんですよね~ 優しい♪)



そう思ってたら 
奈良の方ですか?


って 男性が声をかけてきた。



今は此方に移住してるんですが 実は奈良の出身で。











奈良ナンバーのバイクがいる!って事で
わざわざ バイクのそばに車を停めて 待ち構えてくれていたらしい





なんと 奈良市は 新大宮にお家があるとか。 

奈良でも笑えるのに 新大宮って…笑!
我が家から 車で 15分程度走った場所!


家は生駒なんですよ~ って 言うと 向こうも 驚き 大笑い。

いやぁ 私もバイクに乗ってましてね なんて話を
あれこれとあれこれと長々といたしまして
あるライダーハウスに泊まられていたその筋では有名なライダーの話で盛り上がったり





その方 お連れの女性がいらっしゃいまして。
とーちゃんが その男性と話してる間に 私はその女性とお話を。


バイクの免許取りたいって思ってるんだけど
今は 子供にお金がかかるから~ なんて 話を

ぜひぜひ 夢 実現してくださいな~ なんて 
これまた 初めて会ったにも関わらず あれこれあれこれ お話を。 


お二方とも 気さくで と~ってもいい方たちで。



今日は霧だし 霧が晴れるまで 家で泊まりませんか?
なんて事もおっしゃってくれたりして  

          イヤイヤ いくらなんでも それは できないっしょ ^^;



お名刺まで いただきまして  奈良に戻られた時には 是非 呑みましょう!
約束までして  笑










たぶん 霧だとは思うんですが 第三展望台だけ 覗いてみます?
って事で










先導して下さる事に。  

a25_20160628204113a85.jpg 
いやぁ こんな所で 新大宮やって~
笑えるね~   な~んて とーちゃんと話して



a26_20160628204115ce3.jpg 

この人も くねくね道がすきなんだな~って 運転で 笑






そして 第三展望台

a27_201606282041169dc.jpg

 みんなで一緒に階段上がってみた








まっしろ です。

a28_20160628204110ebc.jpg 
本来ならこの下に どーんと摩周湖が見えるらしい。


この下に 湖…  
晴れたらどんな綺麗な湖がみれるのだろうって
霧のおかげで 想像を掻き立てられるというか。。

a28a.jpg 
この霧自体も 斜面をどんどんどんどん霧が上がってきて 
それはそれは すごい景色でした

a29_20160628210706169.jpg 
展望台を下り  ここで お二人とは お別れ





いやぁ ほんと いい出会いさせてもらいました。
ほんの何分か違えば すれ違って 出会うことのなかった人
そう思うと 縁というか 一期一会というか 

そう言う事も含め 旅はやっぱり楽しいよね

a30_201606282107081ed.jpg 


霧があったものの 道路の方はけっこう楽しい道で
楽しんで下りていくと




a31_20160628210709a8f.jpg 
先ほどのお二人の車が ゆっくりと走って
私たちが来るのを 待っていてくれたようです。


このさきで 道路は右と左に 
私たちは 右 そしてお二人は 左へと 
その前に 今一度 ごあいさつ下さったのです♪


ありがとう! また必ず あいましょう♪ 




なんだかそれだけで 笑顔になれるよな出会いでした





さて 私たちは R391
硫黄山へ ちょっと寄り道。

a32_20160628210704729.jpg 
いやいや ここも圧倒されるね

a33_20160628210705314.jpg 
先ほど出会った方が  「もう慣れましたけど 地震多いですよ」って 言われてたけど。

考えれば 
大雪山 それに 昭和新山 雌阿寒岳 そして 硫黄山 と
見ただけでも 4つの山々が 噴煙をあげているわけで …

そりゃ 地震もあるわけですよね~。。












R391

a34_20160628210728207.jpg 

またまた 雪山が見える場所があって 標津岳だとか サマッケヌプリ山なのかなぁ?)
単純にも テンションあがります

a35_20160628210729bd7.jpg 

から d1116 (千番台って すごくない?)

a36_20160628210731890.jpg 


踏みしめられた砂利道走って 

a37_20160628210725879.jpg 




バイクを停めて こんな緑が溢れる場所を歩いて

a38_201606282107261d4.jpg

とーちゃん。 前に来た時は こんな綺麗な木の遊歩道なんてなかったよぉって。

来る人が増えれば 何かと変わっていくよね 。。
ここにはけっこう人が居ましたよ



水が 澄んできれい!

a38a.jpg 
そして 



来ましたよ   神の子池(かみのこいけ)
かんのこ池と 読んでましたがな。 
焼酎湖じゃあるまいし 。。恥ずかしいったらありゃしない 笑


透き通ったブルー!

y4.jpg ここからだと 光が反射して ちょっと見えにくいね


摩周湖の地下水が湧き出ているんだって。
底に倒れた木が腐らずに沈んでる。。
これで 水深5メートルもあるっていうんだから! 驚き!

a39_201606282123424fe.jpg水の深さと 水温が1年を通じて8度と低いので 
木が化石みたいになって 腐らずにあるんだって。


オショロコマと言われるイワナも泳いでましたよ

x3_201606290952319ed.jpg 
富士山の下の柿田川もこういう色をしているよね
ほんとに綺麗な水 そして 深さで
こういう色あいになるのかもしれないね



a41_201606282123387f8.jpg 
こうして 少し離れたところから 見るのも いっそう神秘的な感じがするねa42_20160628212340cca.jpg 



ガタゴトと また砂利道を走って 




a43_2016062821235180a.jpg 
来ましたのは 裏魔周。
もしかして~  なんて事があるかもしれないと 来てみた。

a44_201606282123538eb.jpg 

がっ!
当然の事ながら まっしろ  でした。
a45_20160628212354453.jpg 



そして 150を参ります

a46_20160628212348eb0.jpg 

北海道の道路 どこに行っても 道幅広く 路面も綺麗で。
道路横の草なども綺麗に刈り取られ とてもきれいに道路管理がされています。

だから余計に走りやすいのかもですね。



だけど   見所から見所までが 思っているよりも 時間がかかる
そういった所も含め 北海道なんだね~。。



②に続きます。


Posted on 2016/06/29 Wed. 00:00 [edit]

category: 北海道

TB: --    CM: 2



29

コメント

ここだっ! 

青い池・・・わたしが行ったよな~って思ってたのはここっ!神の子池でしたっ!!
もぅ20年近く前だけど、ちっとも変わらず美しいや~♪
それに阿寒湖!行った行った!真夏でも12℃とかでエライ寒かったと記憶。
船で湖の真ん中の島?行って、巨大マリモ見た(笑)

まさか北海道で奈良の人に出会うなんて、ホントに不思議な「縁」ですね~
クルマ見ればくねくね好きなの一目瞭然(笑)
それにしても曇りから青空、はたまた霧からの晴れ・・・と時間なのか距離
なのか、お天気がめまぐるしく変わるのも広い北海道ならでは??

URL | みう #K87.J3HQ | 2016/06/29 20:16 | edit

◇ みうちゃんへ 

神の子池の水 20年も変わらずかぁ それってすごい事だよね~
20年間も 守られてきてるってことなんやもんね。。

阿寒湖は 中の島まで行けるんや!(知らなかった。。笑)

やっぱりそうかぁああいうタイプの車乗ってる人ってそうだよね~ 笑

霧の摩周湖というくらいで 霧が溜まりやすかったり…
かるく山を越えたらお天気が変わる あのあたり独特のものかなぁ・・
晴れる時は晴れるんだろうな~。。 笑

URL | F_chii #- | 2016/06/30 09:58 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form