04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

風のいろ

明日 お天気やったら嬉しいなぁ 

目指せ信州池のくるみ - オンオフ混合ツーリング 

梅雨も明けて いい天気になるかと思いきや
21日 22日 奈良は 曇り予報 信州は 降水確立60%から 良くなれへんし。。

せやけど 
その後の 23日 24日は 晴れマーク

こりゃ 行くっきゃないな。

=========================================

関東勢のオンオフ混合ツーリングがある事は知っていた。
いいな~と 思いつつも 
厚かましく 行くわけにもいかへんし。

傍観体制。

ところが
メールしているうちに (´・∀・`) 師匠が 
「来る~?」 と言いおった(笑)

(´・∀・`) 師匠は冗談やったらしく
まさか 私が行くというとは思ってなかったのやろう(笑)


甘いね(*^m^*) ムフッ!

会いたい人がいっぱい参加するツーリング
こんな機会 逃がしたら
いつまた 会えるのか わからへん


されど 
何せ わたくし
近場ソロの 経験はあるけれど
ロングのソロの経験なし!
ソロで高速の経験なし!

ってことなんで 
ただしあんまり悪天候なら 参加はキャンセルという条件付きで
関東勢のツーリングに厚かましくも 参加させていただく事にしていただいた。




どうせ信州まで行くなら 1泊なんてもったないやんね~

夢やった 一人旅を 実現するチャンスや!!
まぁ 全ソロではなく 半分ソロやけど 
もう1泊か2泊して 信州を回ってくるかーーー 

向うで(´・∀・`) 師匠やゆ喜多さんが いてるとなりゃ
お父ちゃんも安心やろうし。

( ̄∀ ̄*) ニマッ


きまりっ!!


いろいろやりとりがありまして
会いたかった 白ぼる子さんと 蓼科で 1泊する事に♪

初めて会うひとと お泊りやなんて
昔の私やったら 考えられへん事やわ

歳喰って 厚かましくなったか?
面の皮も 暑くなったか?(笑)


二泊目が蓼科なら もうちょっとどっか回ってっと・・・・

3泊目は 豪勢に 奥飛騨温泉やな。
って事で
18日にようやっと 予約して。

ルートのほうも (´・∀・`) 師匠に
参考になるルートを出してもらって 
(何から何まで お世話になりましたーー♪)

===============================================


荷物も詰めて 準備万端。
忘れ物もない
(はずだった)




7月21日 (土)

3時起床

昨日まで降っていた雨もやんで 路面も乾いてる。
やりぃ♪

せめて出るときだけでも 降っていてほしくないもんね。

せやけど 向うはやっぱり雨やから
カッパを着こんで バッグにはカバーをかけて雨天仕様。

4時半ごろ お父ちゃんに見送ってもらって出発。



ひやーー始まった初のソロ
ドキドキするやん~~。

頼るは マップルと 自分の口と目と耳と へっぽこライディング



安全をとって 今日は 天理から名阪国道
西名阪とアプローチ

亀山 御在所にて休憩。
途中からやっぱり雨が降り出した。


そこで出会った滋賀からの女子ライダーさん
御在所SA
25年前のバイクなんよ~  きれいでしょー♪って。

確かに25年もたってるなんて思えないくらいピカピカやった。
40代かな~ 伊豆で友達と合流予定ということで
そこまで ソロだそうな。

お次に止まったのが 伊那SA
バイクも自分も ちょっとここで食事タイム。
伊那SA
おにぎり二つ買って 一つをぱくつきながらスマホを見ると

スマホの充電器忘れてるでー

うっそーーーっ
ちゃんと入れたはず!!

即電話をすると 線の部分は持ったものの そこにくっついてるはずの
コンセントに差し込む部分を 見事 コンセントにくっつけたまま 忘れて来たらしい


あちゃーーっ

やっぱり そうやねん
私のすることって どっか抜けてるねん。



仕方ない… ドコモか家電量販店かで 買えって事やから
松本市内まで そいうとこないし …
とりあえず 場所等は 松本に入ってから 探す事にするか~。



こりゃ 幸先悪いやん
気をつけろって 事か…
それとも このツーリング自体にケチがついたか~
なんて 思いながら


中津川から 降りて そのまま19号では 面白くないので
前のツーリングで 走った 馬籠を通る7号に。

そしてまた 中山道19号に戻って 20号
田の原公園を目指します

途中 こういう石碑が 連立している場所が多数
010_20120727212405.jpg
『山体は御嶽教の霊地として古くから信仰の対象になっている。』って事やから
そのせいか。

005_20120727212406.jpg
スキー場の横を走り つづら折れの道をどんどん上がって 田の原
当然のとことながら 霧でな~んも見えません。
008_20120727212405.jpg
車はぜ~んぶ登山の人 
当然の事ながら バイクなど一台もございません。

降りて牧尾ダム下の橋の上で休憩。
なんかちょっとカッコいいダムやわ。
011_20120727213050.jpg

さて~っと お次いきますよ~
前回ツーの時走れなかった道 
023_20120727214310.jpg

野麦峠に向かいまーす


-----------------------------------------------------------
野麦峠
古来から野麦街道があり、能登で取れたブリを飛騨を経由して信州へと運ぶ道筋であった。

明治の初めから大正にかけて、
当時の主力輸出産業であった生糸工業で発展していた諏訪地方の岡谷へ、
飛騨の女性(多くは10代の少女)が女工として働くためにこの峠を越えた。
この史実は1968年に発表された山本茂実(やまもと・しげみ)の
ノンフィクション『あゝ野麦峠』で全国的に有名になった。

乗鞍岳の北を越える安房峠(国道158号)に安房トンネル(中部縦貫自動車道の一部)が
開通したことから、高山と松本を結ぶ交通路としての役目はすでにない。
また木曽方面へも鎌ヶ峰の南の長峰峠(国道361号)が主要道路となったので、
現在は観光道路としての往来が主である。また日本の秘境100選の一つに選ばれている。

岐阜県側は県立自然公園として旧街道を利用した
ハイキングコースが整備されると共に峠の資料館「野麦峠の館」などが置かれており、
長野県側では県史跡として旧街道の一部を保存している。
024_20120728111931.jpg

峠名の由来
峠に群生する隈笹が十年に一度、麦の穂に似た実を付けることがあり、
土地の人に「野麦」と呼ばれていたことによる。
凶作の時にはこの実を採って団子にし、飢えをしのいだ。

また、小説によれば、就労先で妊娠し、
厳しい峠越えの最中に子どもを流産する工女も少なくなかった。
故に野産み峠となり、野麦峠となった、とある。
-----------------------------------------------------------
025_20120727215216.jpg
かなり 山も深くなってきた
028_20120727215246.jpg
頂上にある 「あぁ野麦峠」 の 石碑
038_20120727215605.jpg
お助け小屋まで やってきましたよ~
031_20120727215547.jpg
お助け小屋の由来は江戸時代までさかのぼります。
「厳しい峠越えにより命を落とすものが多いことから、小屋を建て、番人を置き、
峠越えをする者を救いたい」という願いを幕府が聞き入れ、天保12年(1841)に建てられました。
雪の峠を越えた工女達が体を休めたのも、このお助け小屋です。
現在のお助け小屋は、昭和45年に野麦峠の麓、野麦集落の古い家屋を移築したものです。




北に乗鞍岳、南に御嶽山が望まれ景観が素晴らしいってあるけど
そんなん なんにも見えへん
ただただ 霧 霧



峠付近の道

この深い山を 高山方面から松本まで 歩いたんかぁ。。
今では考えられへんくらい 過酷で厳しい場所やったんやろなぁ。。
039_20120727215626.jpg
相変わらず雨 ウエット
042_20120727220458.jpg
山を降りて来ると
046_20120727220833.jpg
こ~んな綺麗な場所もあったり。
048.jpg
R158 すぐに 中で 分岐しているというトンネルにはいり

道の駅風穴の里
050_20120727220833.jpg
そういや 伊那でおにぎり1個
野麦峠で残りの1個食べたきりやった。

ソフトクリームって感じもないし 
野沢菜おやき ひとつ買ってそれをほおばりながら
コンセント買うために 松本市内のドコモ検索


市内に入ると 車も多くなるやろうし 危険を避けて
郊外のドコモ
しかも 美ヶ原にアクセス良しのところ 探して しゅっぱ~つ。

R158から 321号
幸運にも 簡単に見つかって 
無料の飲み物 いただきながら 待つ事10分程度で コンセントゲットン♪

100円払って 松本トンネル 浅間温泉

木材担いだ仕事中のおじさん捕まえて 美ヶ原までの道を尋ねて
ぐぐっと登って 美ヶ原林道
052_20120727223345.jpg
ここから先 雨が土砂降りに。

川のように道路を水が流れる。
雨のしらびそとおんなじ状況や~ん。
心なしか 雷も鳴ってるように 思うし
バイクってタイヤ履いてるから だいじょうぶよね~~?


珍しく行きかったバイク2台。
一台はアメリカン。





さて どうする
時間もおしている。
美ヶ原ビジターセンターまで 走るか やめるか。
武石峠から そんなに遠くなかったはず。




やっぱり 行く!!
走るって決めてきたんやもん


武石峠を過ぎると覚えのある風景。

この道 お父ちゃんのバイクのお尻 追っかけながら走ったわ。


どんどん上がって 道が平になってきて

来たーーーっ


この風景 この場所!



のど元が熱くなって ぽろぽろと零れる
押さえきれず ヘルメットの中で 声を出して 泣く
誰も聞いてないし 見てないし 恥ずかしい事もなんともない。


ビジターセンター 駐車場
053_20120727223952.jpg
写真だけ撮って すぐに 今来た道を戻る


もどりながらも おさまったものが また こみ上げる


自分ひとりでここまで これたからやろか?
違う
それだけやない

バイクに乗り始めて始まった父ちゃんとの 第二の人生


何にもわからずただ走っていただけの あの時の私 
今の私

風景 景色 道 

いろんなものが 折り重なって 積み重なって 交差して
感情を揺さぶる。 


ある意味 原点とも思える場所。
056_20120727224628.jpg
ここも ここも あの場所も!
063_20120727225221.jpg













行こう 
集合場所まで
もう一息やわ。




武石峠を下って 62号 464069_20120727230427.jpg
あの時は 白樺湖から こっちへ走って来た。
071_20120727233720.jpg
 ビーナスライン




さ~~~ 今度こそ もうノンストップで走らな みんなを心配させる。
目指せ 池のくるみ


せやけど… あの時 こんな場所走ったっけ?
記憶に全然ない
ガソリンは 残り3分の1
間違ってても 走るしかないな
どっかに辿り着くやろ

霧が出てきて 50メートル先も見えない場所も。


バイク3台と行きかって 向うから来るって事は
これで あってるんだ~って 自信がでて。


せやけど ビーナスラインって こんな長かったぁ~?
あの時もここ走ったはずやのにぃ

すっごく長く感じた道のりやった。


40号
レストランサンにある地図で確かめて
池のくるみ方面へ


カフェ カルベデイム?
ここやろか? 
せやけど バイク一台もないし…
通り過ぎて ずっと下まで 走っても それらしき所はないし。

引き返して 今度はバイクを降りて 

カッパ着たまま ヘルメット被ったまま 玄関あけて 声をかけてみる。


「あのぉ すみませ~~~ん
 ここって …やんべさんって方が 予約してる・・・・ですか~?」


「そうですよ
 あーーー 関西からの!
 みなさん まだなんですよ~~」




ひゃ~~ やっぱり ここやったんや よかった~。

ってことは 一番乗り?




荷物をおろしていたら みなさんご到着~

(´・∀・`) さんや~ ゆ喜多さ~ん それにakinakaちゃん~~
あーーー 白ぼる子さん やんべさん それに U-子さん♪ 
誰が誰かわからないけど 奥Dさん トップさん りょうたさん 加藤さん

ホワイトさんは確か車?


会えたよーーーーっ!!b_20120727231442.jpg


続く。



Posted on 2012/07/27 Fri. 23:54 [edit]

category: 関東・甲信越・中部

thread: ツーリング  -  janre: 車・バイク

TB: --    CM: 16



27

コメント

すごいっ! 

chiさんっ!おひとりで、しかも雨の中たくさん走られましたね~♪
で!!牧尾ダム、かっけーっ!(←ダム好き)
ロックフィルダム、好きなんです♪ 
洪水吐が堤体と離れて造られてるのがちょっとめずらしくて、いいなぁw

美ヶ原スカイラインや武石峠側から美ヶ原へのアプローチって路面、結構
悪いでしょう?
ウェットで怖くなかったですか??

でも目的地に行けばみんなに会える!って、その「想い」だけでがんばれ
ちゃいますよね (*^_^*)
続きも楽しみにしてます♪




URL | みう #K87.J3HQ | 2012/07/28 05:57 | edit

d(*^v^*)b 

chiiさん、頑張ってよう書いたなぁ~
そしてもちろん、よく走りました! パチパチ☆(o´∀`ノノ゙
なんて、まだ「始まり」やけど(*^m^*) ムフッ

雨天走行は大変やったけど、白樺の辺りとか、
凄く幻想的で美しく撮れたね~

chiiさん視点のつづき、楽しみにしてるで~ ヾ(o´∀`o)ノ

URL | ゆ喜多 #IFv6dY.E | 2012/07/28 07:16 | edit

 

おはよ^^

モップスの「たどりついたらいつも雨降り」は口ずさんだかな?(爆)

良いね~雨のソロツー(もっかい爆)
出るたびに雨で、一年中ウェットっていうのも乙なもんです。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!


白樺のあたりで何時くらいなん?
まったく貸切っぽいけど。^^;

URL | がっちゃん #mY3Siv7U | 2012/07/28 10:02 | edit

*みうちゃん 

> chiさんっ!おひとりで、しかも雨の中たくさん走られましたね~♪
牧尾ダム
ちょっとかっこいいいやんね
良く見かけるダムと ちょっとちがうな~って 思わず写真撮ってしもた。

そか~~ ダム好き みうちゃん
さすがやね!

> 洪水吐が堤体と離れて造られてるのがちょっとめずらしくて
そかーーーそうなんや~
ほいで ちょっと変わってると思ったんや。

ウエットはあんまり怖くないっていうか
美ヶ原林道のほうが 路面悪いとこもあったかな~~

そうそう 
やっぱりね 目的地に誰かがいてくれてるってのは 心強いよね。
こそこに向かって頑張ろうって気になるもんね~。

URL | divachi #- | 2012/07/28 16:18 | edit

*ゆ喜多さん 

それがさ~~
なかなか手が付かなくて…

よぉっしって気合いが必要やった。

手をつけてからは 一気よ 一気(笑)

あの白樺林 幻想的やろ~?
ひとっこ一人いないし バイクも来ないし
まさに 独り占め。

いや~~~ ほんま 良く走ったわ~
満足満足のツーやった。

URL | divachi #- | 2012/07/28 16:20 | edit

*がっちゃん 

そんな歌 しらんぞ?(爆)


よいやろーーー
雨のツー


こんなんみたら 行きたいやろーー? 雨のツー(爆)
血が騒げへんか~?(超爆)

白樺の所で 何時やったかな~
4時頃?4時半ごろ?
そんな時間やった。と 思う。

URL | divachi #- | 2012/07/28 16:22 | edit

 

ク ク ク・・・・

>こんなんみたら 行きたいやろーー? 雨のツー(爆)
>血が騒げへんか~?(超爆)


ちょっとは吹っ切れたようやな、ヤケクソ的に(爆)
そのバイク、マフラーの排気位置が低いので30センチも有れば冠水やろ(爆)
今度は台風の時に是非!(*≧m≦*)ププッ

URL | がっちゃん #mY3Siv7U | 2012/07/28 17:13 | edit

*がっちゃん 

でたっ!!

ま また来たかーーーっ(爆)


うるせぇ
ディバ子は あれが かっこええんやわ
可愛いし。


馬鹿言っちゃいけね~ぜ
あのマフラーがつかれば 船の原理
あれが 駆動力になるんだわさ。(笑)

URL | divachi #- | 2012/07/28 17:40 | edit

雨のなか・・・ 

わぁ~
chiiさんの一日目の一人旅、こんなんだったのね~。
野麦峠、かなりの狭路ではありませんか!
ひとりで雨の中、やっぱりすごいです。

ある風景に再会して、
メットのなかで声をあげて泣く・・・
わかる、わかる。
私は、富士山でした~。

URL | 白ボル子 #- | 2012/07/28 22:02 | edit

*白ぼる子さん 

先日はありがとね~~♪

全然すごくないよ~
白ぼる子さんでも大丈夫^^

そうだった!
白ぼる子さんは 富士山だったよね~。
なんかわからないけど こみあげてくるんだよね~

いろんな思いや 場所や いろんなものが折り重なって
そうなるんだろうけど…。

今度は晴れてる時に 走ってみたいかな~。

URL | divachi #- | 2012/07/28 23:47 | edit

 

短い時間でしたが、先日はありがとうございました!
雨の野麦峠を1人で越えてきたんですね〜

1人で行ける行動半径=秩父まで(同一県内、ウチからメチャ近いです)
雨の日=誰が何と言おうが車にチェンジ
という自分には、1人で雨の野麦峠は越えられません。
もう、これは尊敬に値しますよ。

お助け茶屋の奥の方に行くとに貼ってあった
大竹しのぶの「あゝ野麦峠」や松田聖子の「野菊の墓」の
レアなポスターまだ貼ってありました?

URL | WhiteCat46 #S90rSSAo | 2012/07/29 02:25 | edit

*WhiteCat46さん 

こちらこそ!
短い時間でしたが 思った通りのホワイトさんにお会いできて嬉しかったです!!

やっぱり写真綺麗です。
一人ひとり撮られた写真なんて 素晴らしいっ!!
い~っぱい 使わせていただきました。
ありがとうございます♪

バイクに乗った写真も
なんだか雰囲気がよくて 顔を隠すのがもったいなくて
そのままつかわせていただきました。


雨の走行って言うのも経験させていただいてるんで
(´・∀・`) 師匠のおかげって言うのもあるんですよ
気をつけて走るのは もちろんのことなんですが
ちょっとした自信っていうか 安心感があったっていうのは
大きかったです。


助け小屋に そんなレアな写真あったんですね~!
一人だと 表から見るだけで
中に入るのが ちょっと憚られて 見てないんです。 

必ずリベンジしてみてこなくっちゃ!!

URL | divachi #- | 2012/07/29 12:38 | edit

 

おおきに~
ん。やっぱり出発のときから半端なくマインド高かったね。。。

会って顔見たときに、疲れはおろかとても清々しい表情してたから
前日に最終のメールしたときに、メールした自分が恥ずかしく感じたよ。


こんな機会 逃がしたら
いつまた 会えるのか わからへん

この感性にやられます・・・
だからみんな本気のchiiさんが大好きなんだな。

気合いのある人は勢いが違うよ。

次の記事を読むよ~!

URL | akinaka #lJ6kSN9g | 2012/07/29 12:59 | edit

よく来たねぇ~~~@(*>ω<*)@ 

@(・∀・)@/chiiさ~ん♪ お~つかれしゃ~ん!!

スゴイよchiiさんっ!! 雨の中野麦峠通って長野入りしたんだね!!
しかもお助け茶屋や風穴の里など、ちゃ~んと立ち寄り処はクリアーして
歴史まで勉強しちゃったね @(*>ω<*)@シビレル~~~~

おっとっとと通った道って言ったって、そう覚えてるもんじゃないよ
それを野生の勘で走りきってヒュッテへ一番乗りとは!!
Qちゃんの小出監督なら「chiiさんを誉めてやって下さい!!」だけど
うちらの(´・∀・`)弥次監督は「chiiさんを舐めてあげたい!!」って言ったんじゃない?
あ!! (*・m・*)さんいるからそれはないか~?

まったくも~ しかもその後の2日はソロツ~だって?
@(*>ω<*)@< イイナ~~~~~~~!!!!! 仕事してんのか?オイ!!

バイクは車と違って、脳みそ覚醒させて走るから
体張った分、記憶も、達成感も、満足感も鮮明に残るよね♪
いつものChiiさんタッチと違う、貪欲な情熱と感動をシカと読ませてもらったよ♪

ドキュメンタリー旅行記はそう書けるものじゃないけどさ
いつか機会があったら… 一緒に暴れましょう~!!
わぁ━━ヽ(●´∀`)○´∀`)ノ━━ぃ!!

URL | 花ひつじ #NJsiWxd2 | 2012/07/29 22:52 | edit

*akinakaちゃん 

おおきにぃ♪

あははは~ アレはさ~
後半の二日間がお天気よかったからやねんで~
後半二日もお天気悪かったら
きっと キャンセルしてたやろうなぁ。

でも そうなってたらすっごい残念がったやろうね
だって ほんとにこんなに いっきに会える機会なんて 
そうそうこないかも しれへんかってんもん。

すっきりした顔? してた?
美ヶ原で 思いっきり泣いたからかも?(笑)

みんなの顔見た時 来てよかった~って 心底思った。

すごいよね~
嬉しいよね~
ほんと みんな素敵な人たちばっかやわ♪

URL | divachi #- | 2012/07/29 22:55 | edit

*花ちゃん 

はなちゃ~~~ん 
今回花ちゃんが来れなくて残念だったよ~
でも ホワイトさんには会えたからね~♪

んだね~
ナビなし 地図のみで走るのは おもしろいよね~
間違ってもなんでも 地図見て次に繋げりゃいいし
ほんと 達成感ってのが 存分に感じられる。

おやま 貪欲なもの感じるって?
そうなんかな~
自分では あんまりわからへんけどなぁ~
でも 
せっかく行くんやから いっぱい走りたいって気持ちはあったかもしれへんなぁ。

今度は花ちゃんと暴れるって~?(爆)
何時か …じゃなくて
きっとだよ きっと。
近い将来きっと 花ちゃんと走る事になる

そんときは 花ちゃんの後ろにくっついて走るからさ
よろしくね~(笑)

URL | divachi #- | 2012/07/29 23:20 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form