風いろ

明日 お天気やったら嬉しいなぁ 

07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

走る + 遊ぶ ツーリング 

 

ほんっとバイクって いろんな事ができる

走るだけじゃなく その後に続くもの。。
走るも楽しい そして 遊ぶも楽しい。。

バイクが教えてくれたもの  
その時々を楽しむ。 

雨でも 晴れでも 曇りでも 
その目に映った風景 たった一度のシャッターチャンス

一期一会 なんだよね~



8月23日(日) 

何度やっても かかる時間は様々
グーグルなら5時間 他なら7時間半
実際に走った自分たちのデータは 5時間~6時間


今度走るは 自分ひとり 
当然 ペースも 落ちるだろうし。。


それに 今回は いつもと違って その時間に 遅れてはならない
     ↑
ここ 重要!



遅れては 迷惑がかかる
んで やっぱり 余裕に余裕をもって 


午前 2時半 出発。

(今までのツーリングの中で 一番早い出発かも 笑)
a1_20150828193523ec7.jpg


このツーに行く前に 星を撮ってる人が言ってた
もうオリオン上ってるよって。


東の空を見れば  確かに 大好きなオリオン!
夏が終わって そろそろ季節の移りかわりの季節なんだぁ

いいね  四季が あるって。
日本って やっぱり 美しいよ。



夜が明けてくよ
a3_20150828193302d3b.jpg

だんだんネ。

a2_20150828193334922.jpg


高速降りて ここで3時間  
思ってたより ちょっと早いか。。

a4_20150828193429b28.jpg

朝の道は 静か




おっ これって もしかしたら 上から見たら 雲海ってやつ?

a5_20150828193426114.jpg

でも 

どうよ ?


これって …   やばい?






やっぱり!!
霧の中 突入―――っ!  。・゚・(ノ∀`)・゚・。 アハハハ
a7_20150828193423330.jpg

なんせ 九州の後だもんねー  笑








ほんとは 早めに 高速で入れとくべきだった。
入れるつもりだった。


ところが!

高速最終地点のGS 
時間が早いのか 閉ってた!!



ちくしょーー。。



ま。。 ガソリン心配しつつ どっか開いてるやろ と ここまで来たけど


この先 山に入るし(つもり) やし
もう にっちもさっちもいかん。
(ま~  最悪    国道行けばと 思ってたし・・)


コンビニのおばちゃんに 開いてるGSないですか~って 聞いてみたら

あそこ曲がって 左に行ったら いっつも6時半くらいから 入れてくれるから
電話したげるわ



って   おばちゃん 電話してくれた。


行ってみたら すぐに 出てくれていれてくれた。。

a8_201508281941559aa.jpg

助かりました!!   おおきに。


その後 再び お礼兼ねて コンビニ行っておにぎり買って ありがとうって言うてきた。
 




これで 安心して 県道方向へ。


a9_20150828194155af6.jpg


朝の特権 
川に もやが 浮いてる!

a10_20150828194154439.jpg



時間も余裕。


ダム 見っけ!

c_20150828195753607.jpg

ダムの上を 行って戻って

c2_20150828195752c3f.jpg

ほんと 朝って 特別な時間のように思う。

c3_20150828195751d58.jpg

も少し 上流に走ったら またダム!
ロックフィルダムだわ

a11_20150828194153fb6.jpg

時間に 余裕があるので またまた ダムの上。
いっつも この場所 走りすぎるだけやもんね。。


けっこう 高い場所に あるんや。

a12_20150828194153033.jpg

岩屋ダム


a13_20150828200310aaa.jpg

ふぇいちん 撮影会ってたいしたもんじゃないけど
今まで ゆっくり 撮った事なかったもんね。

a14_201508282003101a9.jpg

なかなか かっこええやん♪

a15_201508282003090d7.jpg




21度 涼しいぞーーーーーっ!

a16_20150828200308bf2.jpg

って 言うてる間に そろそろ着くやん。


a17_20150828200307803.jpg


せやけど。。
約束の時間まで めっちゃ早いし・・・・


a18_201508282003066de.jpg

時間 計って これくらいしたら 戻るかって。。



ちょっとお散歩




そしたら 上がるにつれて 霧雨になってきて 
これちょっとやばいし 戻るかって


a19_2015082820074620e.jpg

途中 記念に 一枚

a20_20150828200745346.jpg




約束の場所 道の駅 飛騨小阪はなももに 戻って しばらくしたら

みうちゃん 登場!!

a21_20150828200744858.jpg

7月から あーだこーだと言いながら やっと 今日 実現!!



はなももの敷地内にあるビジターセンターにて
これから一緒に 行動を共にするみなさんと一緒に説明を受けます。


今日は男性2名に女性8名 合計10名 &インストラクターさん二人。


私たち二人は バイクって事で
なんだかんだ 神戸から参加された方に助けてもらって。(ありがとございました~ 感謝です)



a22_20150828200744ffb.jpg

んで ビジターセンター内で ウエットスーツに 着替えて
突入前の ガッツ!です(笑)

a23_20150828200743afd.jpg


ここから先は 荷物はな~んにも持てません。
(防水のカメラを除いてね)




ひめしゃがの湯まで みんなで 移動
そこから先 車に分乗して 現地に向かいます。





こんな川にさしかかったら 
とうぜん いつもなら 濡れないようにするのが当たり前

b_2015082820162293a.jpg

だけど 今日はウエットスーツ
ジャブジャブ入って 濡れて 泳いだって大丈夫!





チョー かいかーーーーんっ!!

b1_20150828201619d51.jpg

水に濡れながら 沢を登って 
滝つぼに 飛び込んだり  浮いたり。

b2_20150828201615be8.jpg

歩くよりも 泳いだ方が 足に負担がないわ なんて 
ふわふわ 浮かんだり


下りは 下りで 石の滑り台
そして 高さ 3,4メートルくらいの所から 飛び込んだりしながら 下って行きます。



みんなで掛け声かけたり
笑ったり
初めて会った人たちなのに 妙な連帯感


約 2時間間~2時間半の 行程



ビフォーアフター

b3_2015082820160947a.jpg


最後は 元気ふりしぼって おーーーーっ!



言葉では 言い尽くせないほど
めっちゃ楽しかった!!




写真なんかは インストラクターの方が撮ってくれて
クラウドにて受け取る事ができます。


ええねぇ 身体全体使って遊ぶっちゅうのは!!






最初は汗かきかき ウエットスーツをきていたけれど
最後の滝に着くころには だんだん体が冷え来て
下ってくるころには 少々 スーツを着てても 震え気味。


沢登りのお楽しみの最後は
ひめしゃがの湯に じゃぱ~~ん。

時間がたつと 黄土色に変化する 温泉。
冷えた体もぽかぽか。

a30_201508282023075a8.jpg


温泉出たのは もう2時頃か。

お腹が減って がっつり トンかつ定食。

a31_20150828202305789.jpg


夏の 御岳もいいかと みうちゃんと クネクネ


ところが 御岳霧で見えず しかも展望台は 工事中。



とりあえず ここで みうちゃんとは お別れ。
みうちゃん開田高原方面へ。


私は戻って 岐阜方面へ。



a32_20150828202257600.jpg

綺麗だ!

a33_2015082820224656f.jpg


沢登りの疲れも なんのその

西へ 西へ 帰りますよ~~っ!!

a34_20150828202244d06.jpg

サルビア 夏の終わりの花かな~



a35_2015082820294533f.jpg


光と影のコントラスト 季節を感じる 日の光

a36_20150828202944feb.jpg

国道出ずに 朝とは違った県道走って・・

a37_20150828202943d96.jpg


それでも やっぱり だんだんと 低いところに 行くにつれて 暑さがやってきたーーー
それに西日も手伝って たまらず 休憩~~



スマホチェックしたら
みうちゃん とんでもない道に
入ったみたいで
だけど無事に 復帰
ソフトクリームたべてたよ。

よかったぁー。




ようやく 高速乗るも なんだか 渋滞情報

a39_20150828202943424.jpg

急がば回れ と 湾岸方面へ出たら 綺麗な夕日。

a40_20150828202942c7b.jpg

車は多いけれど 順調に 走る。

a41_20150828203009275.jpg

21時過ぎに 到着~~。




朝早くから 動きまわって 沢登りして 700キロ
なんとまぁ。。。
我ながら よく走ったもんだ 笑






でも 沢登り いいねーー
みうちゃん ありがとね♪  また いこう!  




関連記事



category: 関東・甲信越・中部

tb: --   cm: 14

△top

革パン届きました。 

 

6月上旬に染め直しに出していた愛用の革パン
やっと 戻ってきました。



梅雨にかかってしまったり と 少し長めに時間がかかってしまいましたが
ようやく戻ってきました。


汚れと経年劣化で ハゲハゲ 
ほんとは黒のはずなのに グレーっぽく  しかもシミもあったりなんかしていた革パン
まるで 新品のよう。
001_20150827114004fde.jpg

ほんとに私の革パンかと 疑いましたよ。



でも ここに傷
確かに私の革パン。
002_20150827114003402.jpg


もう少し涼しくなったら 履けるね。
楽しみです。


関連記事



category: バイク

tb: --   cm: --

△top

お墓参りの帰りに 

 

8月15日(土)


今日は 実家へお墓参り。
お盆まっただなかの 15日

朝からお天気は 良くて 実家へ帰る道も あり得ない混みようで。


久しぶりに会う姪っこ甥っ子
そして 兄姉


山に響く セミの声 日の光
あぁ 子供のころも こんなだったと 改めて 思ったり。



帰りの道も 当然のことながら 田舎の大渋滞。
とてもじゃないけど 並んでなんかいられない



街を走れば 直線に近い行程で帰れるのに
選んだ道は やっぱり山方面への道
かなりの 回り道





そんな道の途中で見た 綺麗な風景に思わず車を停めた

2_20150816105453068.jpg



写真は下手くそで とても収められるものではなかったけれど
目で見た風景は 
霞?もやが ほんのりオレンジ色に染まり 山々を柔らかく包む
そんな幻想的で 優しい風景。



1_20150816105453798.jpg


途中からエアコンを切り 窓を全開
気温22度



車は普段よりも少ないほど。



回り道もいいもんだ。






関連記事



category: 日々

tb: --   cm: 14

△top

エキパイ磨き 

 

九州いった時のエキパイの汚さったら 半端なかった

確かに 雨で どろどろだったんもあるんだけど・・・
九州行く前から 輝きなどなかったもんね。

朝の涼しいうちに 磨いてみた。


before
a_20150807134022123.jpg



after
a1_20150807134021770.jpg

磨いて そして耐熱ワックスをした。
ピカピカ


すっきり!


うーんせやけど 上の方の焼け跡 消えへんのよね~
これを少しでも薄くする方法ってあるんやろか。。


ひたすらひたすら 磨くしかないんかな~。。



誰かいい方法しりませんか~
関連記事



category: バイク

tb: --   cm: 12

△top

九州3日目 最終日~ 門司  

 



7月29日(水)





本耶馬渓耶馬渓道路から R500へ でて

a36_20150805204622064.jpg

走りながら撮った ↑の写真
ちょっと変わった岩が見えますね 
通り過ぎる時 岩の間に 道のようなものが見えて 何なんだろうと 思っていたんですが

z11.jpg

調べてみると 

あの岩の間に へばりつくように 羅漢寺というお寺があるらしいです。

z12.jpg
(写真は 拝借しました)

時間があれば 暑くなければ 登って行ってみたい場所ですね。








さて その羅漢寺を横目に その先の 道の駅耶馬トピア にて 休憩。

トイレ休憩だけして 次の場所へ。











信号の先にトンネルが見えます。

a37_20150805204616236.jpg

信号でいったん停まります。
そう ここは 交互通行なんです。

a38_201508052046185d6.jpg


青になって  後続の車に先を譲りました。

z8_2015080610390610f.jpg


ゆっくり写真を撮りながら走ります。
ここは 青の洞門と 呼ばれるところ。

z6_20150806103904e21.jpg

......................................................................
菊池寛の小説「恩讐の彼方に」で全国的に知られた”青の洞門”は、
山国川に面してそそり立つ競秀峰の裾にあるトンネルです。
江戸時代、諸国遍歴の旅の途中この地を訪れた禅海和尚が、鎖渡しと呼ばれる難所で命を落とす人馬を見て、
洞門開削工事に取り掛かり、約30年の歳月をかけて明和元年(1764年)に完成したものです。

ノミと槌だけで掘り抜いた隧道の長さは約342メートル、うちトンネル部分の延長が約144メートルあります。
現在の洞門は、当時からはかなり変化しているものの、一部に明かり取り窓やノミの跡が残っており、
禅海和尚の不屈の精神が偲ばれます。

.................................................................................
z7_20150806103905e01.jpg



時間があれば 歩きたかったんだけど 今回は バイクにて 走るだけ。

a41_20150805205746ca7.jpg





青の洞門を そのまままっすぐ走り 国道を突っ切っていくと 見えてきます。

a42_201508060959396c1.jpg

オランダ橋

a43_2015080520574351e.jpg

正式名を 「耶馬渓橋」といい 116mに及ぶ日本最長の橋長で8連のアーチは
日本最多かつ唯一と言う 石橋として2つの日本一を 有しているそうです。

a44_2015080520574330f.jpg



z4_20150805222218673.jpg





さて また国道へと戻って行きます。

国道にも 青の同門に似たトンネルがありました。

a45_20150805205745046.jpg



国道を 街へと 走っていると どんどん 暑さがやってきます。
車も多くなるし。。堪らず目についたイオンへ。  





そこで休憩かねて 昼食です。







休憩して 元気を取り戻し R10
車も多し 暑さも半端ない。

a46_20150805210926c39.jpg






堪らず 少しワープを使います。
東九州自動車道 権田道路

a47_20150805210920cff.jpg



みやこ豊津I.Cで降りて  58号から  28号へ

a48_20150805210922010.jpg

どんどん高度を上げていきますよぉ

a49_201508052109233b4.jpg

あらあ? また ここにも東京の香が少しするようやけど 。。。  
気のせいかなぁ (≧m≦)

a50_20150805210924715.jpg


それにしても 阿蘇のような 絶景。  涼しいし。 さいこーーーっ!

a50_20150805210924715.jpg


平尾台
以前にとーちゃんが走った事がある場所で 是非にと 来て見ました。 

a51_2015080521130680c.jpg

日本三大カルストと呼ばれ、北九州国定公園に指定されているそうな。

a52_2015080521130098f.jpg


いい天気です!

a53_2015080521130265c.jpg

下を見下ろせる 絶景もありましたよ

a54_20150805211304041.jpg









さて 時間を見れば  うーーーーーーむ。。

こうすれば 時間足らないけど こうすれば 行けるよね~ 
この祭だし    ってなことで。


またまた ワ―――――プ  !














ということで  バイクを停めたのは こんな場所

a55_20150805211305cd3.jpg



そう!   
門司港レトロ

a56.jpg
ゆっくり見て回ってる時間はないけど ぐるっと行きますよ~
門司港レトロ展望室に国際友好図書館 


はね橋 (ブルーウィングもじ)を 渡りまして

z5_20150806102149e08.jpg


レトロな 建造物を巡ります。

旧門司三井倶楽部に 旧大阪商船 旧門司税関

a57.jpg






可愛いピンクの遊覧船に 手を振って

a58.jpg



そして 関門橋こんなに本州が九州と 近いとは思わなかった。。

a59.jpg


ちょっとした 異国情緒を味わいながら
a59a.jpg


とっとと歩く。




さっき渡ったはね橋が 上がっています。

a60.jpg

かっこいい。

a61.jpg




どれもこれも 歩いてみてみるだけ。  
それでも見れて大満足。




いい加減暑さに参ってかき氷♪  氷が柔らかくて 美味しかった♪
 a63.jpg




最後にバナナマンに やられて。

a62.jpg







一路 フェリーターミナルへ。

a64.jpg







17時出航の 名門大洋フェリー第一便。
着いたのは 15時30分。  

バイクでは 一番乗り。
この日のバイク 大型3台 スクーター1台。

a65.jpg


乗船手続きします~。
予約した時には ベッドが空いてなくて 雑魚寝ルームの予約
ダメもとで 聞いてみると 空いてるとの事で  
1人1000円プラスにて ベッド確保。



とーちゃんバイクと ふぇいずは 大型トレーラーの横っちょに入れられました。

a66.jpg



乗船して 部屋に入ってみれば 8人部屋に 3人。  ラッキー。




早々に展望風呂へ。

行きの時は 洗う時でさえ 順番待ちだったけれど 
帰りは 一番のり!
カーテンも開いていて 海を眺めながら  のんびりお湯に使って 旅の汗を流して すっきり。




すこし早いけれど 夕食は船のバイキング。 1500円也。
幸いな事に 窓際の席があいてました。


出港の様子を楽しみながら 食事。
ちょっとしたぜいたく。

a69.jpg


九州が  離れていく。  

あっというまの 九州2泊3日   名残惜しい~ 

a68.jpg



又来るよ 必ず。

a67.jpg

ゆっくりのんびり 飲んで食べた後  缶ビール持って 甲板に。


a71.jpg


帰りの海は とても穏やかです。

a70.jpg


旅の思い出を たくさん胸に。 

a72.jpg





夜は 綺麗なしまなみ海道の橋も見ずに 就寝。












翌日の朝  大阪の港が 見えてきました。

a75.jpg




いよいよ 旅も おしまい。

a76.jpg

ともかくも 家に帰るまで。


a77.jpg


朝 5時30分 着岸  




家に  着いたのは  6時半前。







ツーリングの終わりが 朝 というのは なんだか 不思議なもので

それから ビールをキューっと やるでもなく 
ともかくも 旅の荷物をといて  
洗濯ゴロゴロ回して  ついでに バイクも洗車して。

一日 めいっぱい 動きまくり。






霧に翻弄された 阿蘇
霧の阿蘇も また 阿蘇 という言葉に そうやなって 納得し。

それはそれで ルートも変更 外輪山のふもとを走ったり。。。


楽しい旅でした!!
初フェリー 初九州   おおいに満足してます。

それでも また行きたいと 思う九州。
今度は いつ行けるかな。。。


 

ブログを書くために 撮った写真を眺めて トリップ状態に入ったり(笑)
まだまだ 余韻が少し残っていますが

ブログを書き上げて ようやく 一段落 という感じです。




長々と 読んで くださり ほんとにありがとうございました!






さて 今度は どこを目指そうか
次なる目標に向かって。。     夢を持って  。。  




頑張りましょう!





そうそうトンネルの駅から我が家に送ったお土産夜な夜な飲み比べしております。

IMG_1921.jpg
関連記事



category: 中国・四国・九州

tb: --   cm: 12

△top