12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

風いろ

明日 お天気やったら嬉しいなぁ 

わんこのこと ‐ 虹の橋 ‐ 

以下 他サイトより


「虹の橋」


天国に続く道の少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。

この地上にいる人と愛しあっていた動物たちは、死を迎えると虹の橋へと向かいます。


そこには草地や丘があり、緑がいっぱいで、いつも暖かく気持ちの良い陽気がみなぎっています。

いつも食べ物と水があり、彼らはみんなで走り回って遊び、

そして疲れたら「天国への樹」と呼ばれる木の下で休むのです。



病気をしていた者も、歳をとった者も、元気いっぱいの姿に戻り、傷ついて動かなくなった手足さえ、元通り。

かつての地上での良き日と思い出が夢のようによみがえってきます。


虹の橋では、みんな満ち足りた気分で幸せに暮らしているのだけれど 気がかりなことがひとつだけありました。

それは自分にとって愛する人が、ここにいないという寂しさでした。


そんなある日のこと。

動物たちがいつものように元気に遊んでいました。

ふいに、一匹が立ち止まり、遠くを見つめます。瞳は、キラキラと輝き、からだは喜びに震えはじめます。

突然、その子は仲間達を後にして、緑の草原を駆け出しました。


あなたを見つけたのです。早く、早く、急げ、急げ!

虹の橋で再会した二人は固く抱きあいます。


懐かしいキスが、あなたの顔に降り注ぎ 

あなたは、あの頃と同じように、優しく頭をなでながら 我が子の瞳を見つめ返すのです。

あなたを信じ切って見つめてくる、まっすぐな瞳。

別れたあの日から、ずっとずっと片時も忘れることのなかった 愛しいその瞳を。



それから二人は、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです。

天国への道へと…。



原作者不詳

日本語詞:KENZO




Rainbow Bridge

Just this side of Heaven is a place called Rainbow Bridge.
When an animal dies that has been especially close to someone here,
that pet goes to Rainbow Bridge.
There are meadows and hills for all of our special friends
so they can run and play together.
There is plenty of food, water and sunshine and
our friends are warm and comfortable.

All the animals who had been ill and old are restored to health and vigor;
those who were hurt or maimed are made whole and strong again,
just as we remember them in our dreams of days and times gone by.
The animals are happy and content, except for one small thing:
they each miss someone very special, someone who was left behind.

They all run and play together,
but the day comes when one suddenly stops and looks into the distance.
His bright eyes are intent; his eager body begins to quiver.
Suddenly, he breaks from the group

flying over the green grass, faster and faster.
You have been spotted, and when you and your special friend finally meet,
you cling together in joyous reunion, never to be parted again.
The happy kisses rain upon your face;
your hands again caress the beloved head,
and you look once more into those trusting eyes,
so long gone from your life, but never absent from your heart.

Then you cross the Rainbow Bridge together...


*Author Unknown*



いつか あの無垢なまっすぐに見つめる瞳に会えることができるかな。。
元気に 野原を走りまわっていればいいな
柔らかな毛を 風になびかせながら 鼻をあげて クンクンと風の匂いを嗅いでいるやんちゃなエル


今でも 抱きしめたい
あのふわふわな毛に 顔をうずめたい

会いたいよ。。。 すごく。。









思い出に浸りながら…



さて 今日も頑張らなきゃね。





関連記事

Posted on 2014/01/31 Fri. 10:13 [edit]

category: わんこ

thread: ひとりごとのようなもの  -  janre: 日記

TB: --    CM: --





31

わんこのこと 

エルを 荼毘にふし 3日目。

写真を見ては 涙し 思い出を話しては涙し…。

 
悲しみや 寂しさと裏腹に 時はどんどん過ぎていき
今日は お世話になった先生にお礼に行ってきた。



バロンから始まり 約20年近くお世話になった先生。
ほんとにありがとうございました。


毎年のフィラリア 
そして エルの去勢手術 首の良性の腫瘍の手術 白血球減少症 腎臓 二度の脳障害 
そして 12月からの 診察

最後は特に 先生のおかげで ほんとに助かりました。。。


普通わんこは 病院に行くを嫌がるというのに (バロンはブルブル震えていたっけ)
病院に行くことをちっとも怖がらなかったエル。

男性の先生もいるのだけれど この先生の事はあまり好きではなく 
今回もお世話になったO先生が大好きだった。

採血も 震えることなく キャンとも鳴かず じっと我慢して ほんとにしやすい子だった。
どんな診察もじっと我慢する子だった。






可愛い子でしたね おりこうな優しい子でしたね。
いつ?



あの日は そのまま家族と過ごして 次の日に。。。



寂しいでしょうね。。。
お気を落とされませんように…



後ろで看護婦さんも涙してくれていた…



ありがとうございました。。







もう きっとくることがないであろう動物病院を後にした。






これで 後は 35日を待つのみ…。



ひとつ またひとつと 片付いてゆくごとに ほっと力が抜けていく。



エルの遺骨は まだ 動物霊園の 納骨室であずかってもらっている。
家に持って帰ろうと思ったのだけど
バロンの時には 何もしてやれなかったし 同じように…とのことで 預かってもらうことにした。

そして 千葉の娘のために…そうすることにした。
何もないよりは 悲しいけれど 遺骨があれば まだ いいかと。



そして 私たちにとっても 救いになっている。
毎日のように 会いにいき 抱きしめ そして 帰ってくる。




霊園では ちょうど 桜の植樹の寄付を募っていたので
二匹の名前で 1本お願いしてきた。

毎年春になれば 綺麗な桜の花をさかせてくれる。。。
気持ちの拠りどころにも なってくれそうだ。










最期の日 27日の朝


主人は朝から 打ち合わせで 大阪に行かなければならなかった。

娘は 仕事が休み
二人で エルを 看る






連れていかなければならない 
その辛い気持ちを 持ちながらの 微妙な時間


また 発作 そして 投薬
心臓を掴まれるような 辛い時間  


しばらく スースーと 穏やかに眠ってくれるも また 発作
絶え間ない発作… 鳴き声


眠っている隙にと 明日の事もあるし しなければならない事をどんどん片づけて


抱きかかえ トントンと。

ポカリを差し出すと 美味しそうに飲む。
どこにそんな力が残っているんだ…





絶え間ない 小さな発作が エルを苦しめる・・


差し出したポカリを もう 力が残っていなかったのか 飲むことはできなかった…
シリンダーで 口に含ませると コクンコクンと 飲み干す。




このまま 苦しんだままで行かせたくない…
だったら 今 もう一度薬をいれようか・・・・

でも もう 私も 苦しい…



時間が来て
娘がエルを抱っこして 先に外へ 出た。
私が準備をしている間 抱っこしたまま 家の近くを散歩していたようだ。


痛みが止まっているのか 暖かな日差しの中で 
抱っこされたまま 頭を上げ 美味しそうに風の匂いを嗅いでいるいつものエルがいた…
まぶしげに眼を細めて…





車に乗ると エルは スヤスヤと。
駅に着き 主人が車に乗ると 鼻をピクッとさせ また 眠る。 主人を感じたようだ…


痴呆も入っていたエル
1月の半ばくらいからは 家族がわかっていたのかどうか…

なのに 最期のこの日は
用事で外から帰って来た私が そばを通ると 顔あげ鼻でクンクンとしたり
主人を確認したり …

なんて子なの…ほんとに…




病院に着いた時には 浅い小さな息で眠っていた・・・。


動物は 自分の死期を悟るという…
あの時 エルはわかっていたのかもしれない 
























そうして 家に 連れ帰りました。



悲しかったけれど ほんとに… 

不謹慎だけれど  楽になってよかったね…  

そして 自分たちも 苦しんでいるエルをもうみなくていいんだという
ほっとした気持ちが あったのも事実でした。


お布団の上でほんとに楽そうに眠っているエルを見るたびに そう思いました。







最期の時 病院のベッドの上で 娘の顔をペロリとひとなめしたそうです











時間が過ぎゆくごとに 寂しさがつのる。
家の中の そこここに エルがいる。

フッとした時に 涙が こぼれる。


きっと 時間が 解決してくれるんだろうなと 思いつつ
家族と 思い出を語り合い 笑いあい 泣き笑い。





エルは 虹の橋を渡れただろうか… バロンと会えたかな…

 














関連記事

Posted on 2014/01/30 Thu. 17:57 [edit]

category: わんこ

thread: ひとりごとのようなもの  -  janre: 日記

TB: --    CM: --





30

わんこのこと -  安らかに - 

1月27日 (月)




エルは 眠るように 静かに 息を ひきとりました。。

享年 18歳




elle.jpg




先生によれば こんな状態で 生きていたのが不思議なくらい
身体は ぼろぼろの状態だったとのこと。





がまん強い子でしたね。。
可愛い子でしたね。
寂しくなりますね。。








痛みから解放されて
今 やっと 安らかに 静かに眠っています。






ありがとう 家の子になってくれて
いっぱいいっぱいの 思い出をありがとう…





関連記事

Posted on 2014/01/27 Mon. 15:29 [edit]

category: わんこ

thread: ひとりごとのようなもの  -  janre: 日記

TB: --    CM: --





27

わんこのこと 

夜中にも 何度かの発作。


薬も効いてぐっすり楽に眠ってくれる時と 
しばらく効いて 1時間もしないうちに 発作がはじまり その後 眠るとき また 効かない時がある。
この差は なんなんだろう…。


布団の上に座り 毛布を背中に エルを抱きかかえ トントン トントン



朝 4時の薬は 効いてくれたみたいだ。



あれからも ポカリスエットは ほんとに美味しそうに飲む。
気付いたのは その飲み方が 尋常ではないこと。
器には 適量をいれていたものの ほっておけば どこまでも飲んでしまいそうな感じだった事。

意識があって 飲んでいるのだろうか…
わかって飲んでいるのだろうか

少なくとも クンクンと 嗅いで 飲んでいる。
お水の時は 少し飲みが悪く ポカリの時は ほんとに美味しそうにゴクゴク飲む
って事は 違いがわかっているって事なんやよね。


少々痴呆も入って来てたから それでなんだろうか…


だけど…もう 3日も食べていないあの身体で 果たしてそこまで飲めるものなんだろうか…。 





朝10時頃に 先生がどんな調子ですか と また電話をくださる。
様子を伝えると かなりきついですね。。

かなり苦しいのかもしれませんね。。。



先生 お水をね ゴクゴクと普通に飲むんです。
もしかしたら このまま… もう少し…



エルちゃんは 辛いはずですよ…



あぁ… そうだ
家族は できるならいつまでも エルにそばにいてほしいと 思う
だけど…エルはとても痛いんだ 辛いんだ

鎮痛剤を入れるって事は 痛いから入れるんだ
効いている間は 痛くもなく タダ眠らされているだけ…
薬がきれれば 痛みに襲われ また 鎮痛剤… その繰り返し… 


今 この時も エルを苦しめていることに他ならないことだったんだ…



薬で楽になって 薬が切れてくれば 発作…
その繰り返し
細い小さな体の エルには 辛い 苦しい事なんだ…






何度も発作 叫びに近い鳴き声
そのたびに 同じように身体に痛みが走る


ごめんね ごめんね…  もう少しもう少し 我慢してや…




心がかりは 千葉の娘の事。
エルに何かあった時は もう 連絡しないよ とは 前々から言っていた。

だけど…   今 連絡してやれば 帰ってこれる…
だけど 帰って来たところで エルの辛い姿を見せるだけ…
しかも 娘はとても微妙な時期
もし もし 何かあれば 取り返しのつかない事になる。


普通の時なら もちろん すぐに帰って来い と 言っただろう
やっぱり 最初の約束通り 言わないでおこう


だけど…


心は 揺れる。




そんな話をしている時に 娘からの電話…

なんで? 今?
携帯電話の事での相談だった。

エルの事を 聞かれ 毎日 点滴に行ってるよ と
お前が帰ってくる 2月まで たぶんもたないかもしれないよ と
それだけを 伝える。


コレで良かったのか どうか…
イヤ これで よかったのだと そう信じるしかない

エルも きっと望んではいない…
今は 自分の身体の事を大事にと・・きっと そう 思っている…













夜になり 下の娘が 仕事から 戻った後 話をする間もなく
エルが 痛みから 鳴き声を上げ始める


主人と どうしようか… 薬を入れる? と 相談。


このころには 私たち夫婦も エルに薬を入れることが 辛くなっていた。
薬を入れるごとに 胸をキューっと掴まれるような 痛み 辛さ


その様子をみていた娘自身が もう楽にしてあげて…
そんなふうに 思ったようだ…


説得するも説得しないもなかった…。





薬が効いた後の エルは 小さな小さな息をして
楽そうにしている。





ひとつ部屋 エルをまん中に 眠りにつく…。




関連記事

Posted on 2014/01/26 Sun. 10:48 [edit]

category: わんこ

thread: ひとりごとのようなもの  -  janre: 日記

TB: --    CM: --





26

わんこのこと  

昨日 高カロリー栄養食をシリンダーにて いれても すべてもどしてしまった。

3回ほど吐いたか。
胃の中には何もないので 黄色い胃液と 栄養食が混じったモノだけ。

受け付けるのは 少量のお水。


ちょっと目を覚ました時に シリンダーの先を 舌の前に持っていくと
チロチロと舌を出して シリンダーの先のしずくをなめ取る。

あまりたくさん入れ込むと 水が気管に入ってせき込んだりする事があるので
用心深く 少しずつ少しずつ。



015_20140125144331f15.jpg





夜 10時頃か

また 前足をかくようなしぐさで 動かし始めるので
主人がトイレに連れて行ってくれた。

案の定 おしっこ。

その後 器のお水を顔の前に 持っていくと 自分で飲んだ。
うんうん。 まだまだ まだまだエルは諦めてない。 頑張ってる。







その後の事


少し様子が変になり 抱きかかえると
前足を突っ張り 後ろにのけぞるしぐさ

キャイン でもない ワンでもない なんとも痛々しい声で 何回も泣き叫ぶ。
痛みを我慢しているように。何回も。何回も。



ぐぐっと力が入って そして叫ぶ。
発作のように。


エルが泣くたびに 私の体もビクッとなる。
そばにいた娘も泣きだす始末。


一度その発作が治まったと思ったら また・・・・!!
体中に力が 入り のけぞったままで…


もう …  もう 苦しめんといて!
もうやめて! 
お願いやっ



発作が 治まる事なく何度も押し寄せる

時間は12時頃か


このまま 朝まで こんな状態を続けさせるのは とてもじゃないけれど見ては居られない!
とてもじゃないけれど かわいそう過ぎる




夜間診療をしている動物病院を探す。
幸い王寺に 1軒あった。 王寺なら ここから30分くらいで着く。

電話をすると 丁寧な応対。
見てみないと分かりませんが…との事と 普通の診察料に夜間診察料が8000円プラスになるとのこと。


以前 脳障害を起こした時に行った奈良の夜間診療病院は レントゲンをとったりしたものの
エルの脳障害を見抜けなかった… 
そんなこともあり 行った事のない病院 少々不安はあったものの 藁にもすがる思いで行った。





車の中で エルは落ち着いた様子で スヤスヤ眠っていた。




行って見ると まだ新しいけれど 結構大きな動物病院。


女性のお医者さんと看護婦さん。
とても優しく丁寧に診察してくれた。

念のため血液検査をしてもらう。
血管ももう細く 足や腕からは採血できないとのことで 喉の血管からの採血。

どんなふうに痛がっているのかわからないんだけど
お腹が痛いとか そんな痛みではないと思う。

でも 目も横揺れしていないので 脳障害とも言い難い
泣くという事は たぶん脳が興奮状態になっているのではないかと いうこと。


血液検査の結果を待つ間に また あの痛みを我慢するようなしぐさを始めたエル。
よかった…この状態をお医者に診てもらえる。


落ち着かせるために 鎮静剤を打ってくれた。

診察室から出てきたエルは クタっとなっていた。
そして なんということ!
いびきをかいていた。

娘と二人で 泣き笑い。



血液検査の結果 腎臓の数値が 103 と上がっていること
そして 膵臓の数値もとんでもないほど上がっていた。

吐き気はそこから来ているのかもしれないとのこと。


物を食べれば 膵臓に負担がかかる。・・・・
と いうことは もう点滴しかないと いうことか…


点滴の回数など かかりつけのお医者と相談してくださいとのこと。
最後 点滴と吐き気止めの注射を二本。


鎮静剤が切れた時の事を考えて 座薬をくださる。   

診察料  18000円 


車のなかも 家に帰ってからも 楽そうに眠るエル。


夜中 一度 苦しそうに クンクンと 泣いていた。
鎮静剤が切れたか…
少し様子を見ていると 少し楽になったようで そのまま朝まで 眠る。



朝  少しやはりのけぞるようなしぐさを見せる。
昨夜ほどの事はないが やはり 小さな発作が幾度となくきている。

抱っこすると 安心するみたいだ。

また 足をもぞもぞ動かすので トイレに連れていく。
身体を支えながらの トイレ。

そうして お水の器を差し出すと 驚いた事に 美味しそうに 飲む。
今まで 栄養剤だろうが水分だろうが 口にすると すぐにもどしていたのに!



このまま 良くなってくれるかも?
かすかな望み 希望が 湧いてくる。



そうして 病院。
昨夜のこと 処置してもらった事 先生に伝える。

てんかんを 起こしているのかもしれないとのこと。
それが 脳からなのか 腎臓からなのか はたまた膵臓からなのか…


聞きたい事を 先生に聞く…。
どれくらい?
いつまで?
痛みは?
良くなることは?


治療して 腎臓の数値がよくなれば 
また 前のように食べて 歩く事ができるかもしれません。


でも… てんかんの頻度 身体状態のを考えると…。



痛くないですか? 苦しみませんか?

わかっている事を 聞く辛さ。




痛いです。苦しいです。

わかっている事を つたえなければならない辛さ。





ずっと 主人と話しあってきた事。
わんこが 脳障害になった時から ずっと。
そして ここにきても 何度も何度も 話し合った。



賛否両論あれど…
もう、 苦しめさせたくない 痛い思いはさせたくない。
何度もの 痛み苦しみ 味わってきた子だから。



先生に伝える。

先生は 一瞬考えたのち 納得してくださった。




今日…これからに しますか?




いえいえ!!
   そこまで 私たちも用意ができてないっ
娘に話してはいたんですが まだ 娘は納得してない状態なので…




では 月曜に? いつでも… いいですよ。



今日は 土曜日 …日曜は 病院は休み…

月曜日まで このままなんですよね?
発作が起きれば 痛みを止めてやることはできますか?
座薬で しのげますか?




少し考えた先生が
痛がった時に 鎮痛剤をいれてあげられるようにカテーテルを入れる事にしましょう。。
他の患者さんが 帰った後に処置しますから
少しお待ちくださいね。

そう言ってくださった。




車の中で 待つ。
その間にも エルには 軽い発作が来ているようで
抱っこしてくれと 言わんばかりに 身じろぎをする。
抱っこすると 落ち着くのか 抱きしめられながら 痛みを我慢するように 荒い息。





そうして 糸のように細くなったエルの静脈にカテーテルをつける。
鎮静剤を入れてくれる。


しばらくすると 楽そうな呼吸に。



いつか…注射が 効かなくなる時が くることも…。



最後に先生は 
本来なら 病院でお預かりして 点滴して治療させていただくんです。
でも それを望んでらっしゃらないですし ・・・・。


そうですね・・・
もう 家族から離したくないですし 離れたくないですから
これが 一番嬉しいです。






2回目の脳障害を起こした時
ずっと1週間は入院しなければ いけないのに 毎日毎日 病院で家族を呼んで泣くものだから
朝 預けて そして カテーテルをつけたまま 夕方には 連れ帰った ものだった。
手前勝手かもしれないけど 家族が大好きな子だった。











どんな方法をとっても あ~したほうがよかったんじゃいだろうか
こうしてあげたほうが よかったんじゃないか と 思わぬ日々は ない。



オスのわんこバロンを 最後まで 痛みをとってあげられることなく5年前に逝かせてしまった。
せめて痛みだけでもとってあげられたら良かったのに。
痛い思いなど させなければよかった と 今 思うのだから。



後悔しないという事は 決してないのだから。






家に戻って しばらくすると また苦しそうにする。 

発作がおきているのか…!
まだ そんなに時間もたってないのに…


でも けいれんが始まったら… って 言ってくれていた。



鎮静剤を入れる。




すぐに 楽な呼吸に…
ほっ・・・

楽な息の音を聞くと 方の力が抜ける…






それから 2時間ちかく…
今度は 効いてくれたようだ・・





今は そばで…
 
エルのそばで…

大切な時を 一緒にすごそう…






もぞもぞと 動けば おしっこかと 連れていけば ほとんど支えられながらになるが する。
その後 お水を差しだせば ごくごくと美味しそうに飲む。




夕方 先生が電話を下さった。
ありがたいこと。。
飲みたがる時は ポカリでも お水にお砂糖を混ぜたものでも いいですよ と言ってくださった。









食事をしていても 砂を噛んでいるような 味けなさ   美味しくない。。






たびたび来る 発作を 目にしながら 
抱きしめ 抱きかかえ 赤ちゃんをあやす時のように トントンと 優しくたたく


その繰り返し…。





娘は明日も仕事。 今 話をすれば 明日は仕事にならないだろう…
明日の夜
話をするなら 明日の夜にしよう・・。   










関連記事

Posted on 2014/01/25 Sat. 21:10 [edit]

category: わんこ

thread: ひとりごとのようなもの  -  janre: 日記

TB: --    CM: --





25