09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

風のいろ

明日 お天気やったら嬉しいなぁ 

獣道と秋の生石高原 

10月20日(土)

さてさてどこ行くかね~

とうちゃんが行ってない生石高原方面へ 走ってまいりました。

王寺方面から 抜けたは いいものの 車の多さに辟易
それでも 五条あたりからは スイスイ快調に走れ 

R480 コンビニにて 昼食のおにぎり等々買い込み

K4 K3 そしてまたK4 

途中の 川に降りれそな場所を探して 昼食ターイム
獣道と秋の生石高原
お日様も当たるし適度に影もあるし いい感じの場所でない?
外ご飯
川の水 綺麗やなぁ 

コンビニで仕入れた 本日の昼食。
おにぎりに お漬物 卵焼きに あさりのお味噌汁♪

小さなカップめんとか こういうあったかいものが 一つあると嬉しいね。
外ご飯
そして恒例 食後の淹れたての珈琲
川の水の流れる音や 時折聞こえる鳥の声を聞きながら 珈琲タイム。

車もバイクもほとんど通らない

たまに通りかかった車が1台
道の端に置いてある2台のバイクを見て 何してんだろうって
川を覗きこんでは 行ったけど(*´∀`)アハハ


昼食済んで 
4号から 19号に



このあたりには もう1軒有名な「ドーシェル」さんが あるんやけど
そこは 2回ほど お邪魔してるので 行った事のなかったパン屋さんに行く事に。

 



レレレ
通行止めとか。

でも 目的の場所には 行けそうな事をかいてあるし。

では 行きましょう~。

1車線程度の舗装路を どんどん上がっていきます。

一度通り過ぎて 通行止め箇所まで行ってしまい
Uターン

そして 見つけた 石窯パン岳人
土曜日しか営業してない 天然水と自家製天然酵母を使用し薪で焼き上げた自然派のパン屋さん
岳人

バイクを止めて パン屋さんのほうに 上がろうとすると 一人の少女。

「いまなぁ 忍者ごっこしてるねん。」


「そっかぁ  くノイチやね かっこええなぁ 」 

なあ~んて 話しながら


        o(*'∇')oウフフフフ♪

         こういう子をみると なんだか 嬉しくなっちゃいますねー


「パン屋さん やってる?」
獣道と秋の生石高原

少女の案内で すぐそこの 岳人さんへ。

石窯パン岳人

田舎のお家を使ったパン屋さん。
買ったパンは 外の庭でも お家の中でも 飲み物と一緒にいただけます。

石窯パン岳人
衣装をいれる 「長持」(ながもち)や 階段箪笥があったり 懐かしい感じ。

風に吹かれながら こんなとこでのんびりするのもいいかも。
石窯パン岳人
庭先に置かれてあった パンフの地図を何気に見ると

ここ岳人の 所から
生石高原まで 近道がありそう。


で お店の方に聞いてみると

「三差路を左に行くと 生石高原という看板が出ているから わかりますよ」

道の状況を聞いてみると

途中 細くなって 急な坂道で そこからま地道になったりするけど 
バイクなら大丈夫かと…思うンですけど…

みたいな感じ。



冒険心も手伝って

とにかく 行ってみるべーー





ってなことで 岳人を下にみるよな感じで 道を上がって行きまして
小さなトンネル越えて ずーっと走って行くと

だんだんと山を降りてるような感じで。


これだと街に降りてしまうかも?
ってなことで
Uターンして

岳人上がったすぐそばに 三差路があったから あっちかも?

みたいな感じで もどりまして
もう一方の道へと 上がってまいりました。



コンクリート張りの道で 急な坂道


きっとこっちの道よ~~♪


な~んて 上がって行きますと

028_20121024195631.jpg

杉の葉に 石ころに と  道は いよいよ厳しくなってまいります。


軽トラックがかろうじて 1台通れるような道。


最後 生石高原に続くんだと信じていたからこそあがれたようなもので… 


まぁ。。。。


ここで Uターンっていったって ちょい厳しいし
027_20121024195631.jpg
そして こんな感じの急な坂道を ひとつ越え


やっと 明るい場所に 出ますと



とうとう 地道に


いくら地道たって こりゃ ちょっと無理だよーー

草が生えてるから すべるよー




まぁ ちょっと様子見に 歩いて先を 見に行きますれば…



獣道と秋の生石高原

だんだんと地道もひどくなり

最後は 道が なくなって いくような感じで・・・・ (_≧∀≦)ノ彡☆バンバン!!!


オフ車ならともかくも
このバイクじゃ 無理無理ーーーっ




地道から バイクを見ますと こんな場所。

これって 畑の道じゃん ギャハハ!! (゚▽゚*)ノ彡☆
獣道と秋の生石高原

でも けっこう 見晴らしはよかったのよぉ
獣道
可愛そうな 父ちゃんバイク 




ってなことで 二人で力を合わせて 1台1台 Uターンさせまして。


登ってきた道は トーゼン 下って行かねばなりませぬなぁ。。
獣道


あんがい この道 下るほうが 楽だったみたい。
意外やスムーズに おりまして。



やっぱり あっちの道よぉ~っと
最初に走った方向へ ばびゅーーーん っと 行きまして
 
一番最初に Uターンした場所の カーブをひとつ回った所


「左 生石高原」 と 書かれた 道案内。


あとちょっと行ってれば
あんな道に入り込む事も なかったのにぃー




曲がって上がって行きますとさほど 狭いとは 思わない舗装路。 
地道などどこにもあらへんし。



うーーーーん????
岳人のお人が おっしゃったのは どっちの道なんだろうか。。。




これで こけてでも してれば 大変やったけど。
まぁ 何事もなく 無事に Uターンできて いかったいかった



そんなこんなで 着きましたの。
生石高原
生石高原
先に お店に入りまして
ソフトクリームなど いただきながら。
生石高原

すすきが 綺麗ですーーー!!

生石高原

広い場所のせいか ほどほどの人が来ているのに 
全然人の多さを感じない所です

生石高原
見晴らしもいいし

日に輝く ススキの穂も綺麗♪
生石高原

一回り しまして

今度は生石高原を R480へ おり

マップルにあった 「スリルある吊橋」蔵王橋
生石高原
足元が グレーチング張りで 下が透けて見えるんですねー

そんなに橋が揺れる ということもないので 安心して歩けます。
蔵王橋
揺らしているつもり…?
蔵王橋

蔵王橋

R480 から R370 広域農道 からめ 大淀に抜け 
どこを通っても 車多し
すりすりしながら お家まで。


岳人で仕入れた パン。
岳人パン

ハプニングありぃので 楽しかったツーリング。



関連記事

Posted on 2012/10/24 Wed. 20:45 [edit]

category: 近畿

thread: ツーリング  -  janre: 車・バイク

TB: --    CM: 22



24

ガッタンゴーから伊那へ@3日目 

ツーリングに行ってから はや二週間を過ぎ 
少々 旬を過ぎた感が ございますが 今回が最終日 今しばらくのお付き合いを。




10月7日(日)


ガッタンゴーから伊那へ

ゆ喜多さん  ◆夜明け前の旅立ち@北信州・奥飛騨ツー
       ◆秋晴れのビーナス~戸隠へ@北信州・奥飛騨(2)       
       (早くも? 続編は 未定との 宣言)


akinakaちゃん  ◆ 長野岐阜ツー1日目(動画編)
          ◆記事偏
         ◆長野岐阜ツー2日目に乗った乗り物はコレだ!(動画)
         ◆恐怖の乗り物 ガッタンゴーノーマル車
        (コンスタンスに仕上げ 終了)

やんべさん  ◆ 出張から無事帰還されたものの 仕事超多忙につき 堂々と小判鮫宣言



※注 
ブログ投稿をスムーズに行うため
ルート表示 場所の名前 宿の名前 文章等 
akinaka氏ブログのものを一部 コピペした 部分がございます。ご了承くださいませ。
  





ツーリングもいよいよ最終日
国民宿舎 霜出荘にて 気持ちのいい朝を迎えます。

宿前には 気持ちのいいコーナー 
バイク達は ガレージにて 出番を待っております。 
ガッタンゴーから伊那へ

そして お宿の朝食
やはり 料理の写真撮りから始まります。
ガッタンゴーから伊那へ

お腹をいっぱいにして いよいよ出立の準備。
ガッタンゴーから伊那へ

バビューンと ひとっ走りして 
ガッタンゴーから伊那へ

着きましたのが ここ。
おいしい珈琲を いただける 「あすなろ」前
ガッタンゴーから伊那へ
あすなろ前だからと言って すぐに 珈琲をいただくわけでは ございません。



ちょっと 方向を変えまして
旧神岡鉄道 奥飛騨温泉口駅
どこやらで 見たポーズでは ございますが
ガッタンゴーから伊那へ
そうで~す。

今日は ここで 有名な「ガッタンゴー」を楽しむのです♪
ガッタンゴーから伊那へ
このガッタンゴー 
基本的に電動アシストが付いているのですが・・・。
1車両だけ「ノーマル」という電動アシスト無しの車両があるのです。



チケットいただいて 説明を受けま~す。

みんな この工事現場で 使うようなヘルメットを被ります。



途中 真っ暗なトンネルがあるので 自転車装備のライトを点ける事
何かあったら 付属の電話で 連絡する事
などなど 諸注意を聞きまして。
ガッタンゴーから伊那へ

やる気満々 準備体操などいたします。

ガッタンゴーから伊那へ
行きは
KAZU弥次、やんべ、アキナカ 3人乗りの電動アシスト車

chii、ゆ喜多 2人乗りの「ノーマル」車

での エントリーでございま~す♪



アラ・・? 同じ時に申し込んだのに ノーマル車は べッタなのね? 
みんなで 前後して 走るのが楽しいのにぃ

どうしてなのかしら?
(そのわけは… 後ほど わかります)




ではでは 3人乗りの 男性陣 アシスト車 出発いたします~。
バイバ~い また 向うでね~。
ガッタンゴーから伊那へ
男性陣 そして 他の人のガッタンゴーを 見送りまして

最終組 ゆ喜多&chii組
しゅっぱ~~つ。
ガッタンゴーから伊那へ
線路の継ぎ目を 通りますと 
「がったん ごっとん」 
この音が なんとも 癒されます。



トンネルが あったり 駅があったり 
気持ちいい風と ともに 気持ちよく はしります~~♪
ガッタンゴーから伊那へ



でも

この ノーマル車


下りは まだしも 平坦な道でも 


「このやろ!このやろ!」

ってな感じに 結構力が要ります。



下りでも 結構大変  帰りの男性陣…  コレ  きついかも 



そうでーーーーーす♪

実は

向うで男性陣と交換 私たちかよわき女性陣は 帰りのガッタンゴーは 男性陣が乗って行った「アシスト車♪」に交代していただくんで~す♪



さて 1個だけある真っ暗なトンネル…
これでしょうかね~~~


がったん ごっとん…


だんだんと 光が届かなくなり


しだいに まっくらに。。



右も左も後ろも前も上も下も な~~~んも見えへんっ!!


ひえーーーーーー
ガッタンゴーから伊那へ

こわいよぉぉぉおおおおっーー



そうやそうや 何かの時のためにって 小さな電池を身体にかけたはず


あったあった  


早く点けてぇーーーー



うぎゃーーーー
真っ暗で 電池のスイッチが わからへんーーーーっ



あっち押すもこっち押すも 一向に点かない

あたふたあたふた





そうです このトンネル 途中で曲がっていて 出口の光が届かない場所があるんですね~
お先真っ暗とは この事。








ようやく つけた 小さな明かりにほっ
ガッタンゴーから伊那へ
そんな アクシデントも 終われば めっちゃ楽しーー



意気揚々と 終点に到着。
ガッタンゴーから伊那へ


「真っ暗でさー  めっちゃ怖かったよ~~」

「自転車に着いている ライト 付けなかったの?」

「へ?」

「説明の時 言ってたでしょ?」



すっかり 忘れてました。


     (o_ _)ノ彡☆ギャノヽノヽノヽ!! ノヾンノヾン!!








さてさて 今度は 復路。

アシスト車  カズさん&ゆ喜多さん&chii組
そして 運命の
ノーマル車 akinaka氏 やんべ氏組
ガッタンゴー
私 ? 一番の年寄りですからね。労わっていただきますよ~ん

ではでは 向うでね~~~。




 秋の日が すすきを 輝かせてきれいですね~
ガッタンゴーから伊那へ
遊びながら 写真撮り撮り 
カズさんとゆきちゃんの おかげで なんなく ゴーーール 



続々と後続車も ゴールして 残すは ノーマル車akinaka氏 やんべ氏組のみ。


時間は 刻々と過ぎ
10時出発 の組が 説明を受けにお部屋に入っていきました


おぃおぃ 大丈夫かしら?
次の出発の時間までに 戻ってこれる?






ノーマル車は 当然の事ながら遅いので 
アシスト車を邪魔しないようにとのことで 最後尾を走る事になってるんですね~




ガッタンゴーから伊那へ



真剣に心配になりだした頃




ようやく akinaka やんべ組
t.jpg
ご到着~~~

お二人の健闘ぶりは akinaka氏ブログ→恐怖の乗り物 ガッタンゴーノーマル車  で どうぞ~♪



二人の 健闘ぶりを聞きながら みんなで お腹を抱えて ギャハハ!! (゚▽゚*)ノ彡☆(o_ _)o彡☆バンバン!!
ガッタンゴーから伊那へ
お疲れさまでしたーーー。




さて 一生懸命ガッタンゴーに乗ったので 
ここで 美味しい珈琲と サンドイッチを いただいて。
w.jpg
お店のスタッフの絵が入った可愛いマグカップ♪
珈琲は やっぱり 香ばしく とっても 美味しい♪


いただいている間に 
次の10時出発の組に ノーマル車に乗られる女性と男性発見。


そんな涼しい顔でいられるのも今のうちよと 
思っていた皆の 思惑をよそに
そのお二人 涼しい顔で ゴーール

皆の(特に やんべakinaka組)期待を 見事に 裏切ってくれたので ありました。





笑いの中で 美味しい珈琲もサンドもいただいて
いよいよ 走りモードに変換。
バンバン 走ってまいります





何だ坂 こんなカーブ  あんなカーブ
けもの道に 快走路
x.jpg
このご夫妻とのツーリングでは 今までにないスピード




ひぃぃぃいいーーーーーっ






ついて行くのが 精いっぱいで ございまするぅ


 

そんなこんなで 着きましたのが さんさん朝日 道の駅 ひだ朝日村
y.jpg
akinaka氏奢りの 飛騨牛    うんまぁぁあ~~~い

身体に英気をいただいてっとぉ

ごっつぁんですぅ




バイクにもご飯。
シートバッグにもたれて 順番待ちのワタクシ。
ガッタンゴーから伊那へ




再びの クネクネもーーーど突入ーー





今度は かずさん先頭に 男性陣が前  つぎに ゆ喜多嬢 最後尾 ワタクシ
ガッタンゴーから伊那へ
遅い車を パスしながら
どんどん どんどん どんどん 逝きますからっ






なんじゃこりゃーーーーーー
私にすりゃ 鬼モードだぜぇーー




例のごとく

ヘルメットの中 







 ぎょへーーーーー






未体験ゾーンとつにゅうぅぅう





ちらっと横目で見た
御嶽山も 霧の中で みえまへーーーーーん



よそ見する 余裕もござらん。










ってな 言ってるうちに
霧の中に とつにゅうーーーーーーーっ!!


ガッタンゴーから伊那へ


ひっ!!

ひえーーーーーーーーっ







アドレナリン出まくり テンションまーーっくす!!







霧の中を 抜け ほっと   気温も いくぶん 温かい。
ガッタンゴーから伊那へ


ってな 事で 到着したのが 開田高原アイスクリーム♪ガッタンゴーから伊那へ
いやーーー
結構 寒かったんでここで アイスクリームって ちょっと。。。と 思ったけど

今度は いつここに来られるか わからへんから。



ゆきちゃん 季節限定 そばソフトクリーム
私  定番の トウモロコシソフト


どっちも 捨てがたいよね~


          って事で ちょこっとずつ  上に乗せあいっこ♪
ガッタンゴーから伊那へ
その向うに 怪しげなおっさん。


そばも とうもろこしも おいしーーーーー♪
チョイサムやけど 幸せ


開田高原ソフトも いただけたし 満足満足




その後は 爆笑やんべラジオ局の放送を聞きながら
一路 伊那方面へ。





鳥になれそな 伊那市を見下ろせる素晴らしい風景の国道を走り
ガッタンゴーから伊那へ


伊那市街のファミレスにて 皆で 夕食。



なんだかんだと 話し込んで  21時30分ごろ。



伊那I.Cで 東へ西へ みなさんとお別れ。


みんなといた時間が 楽しくて温かくて
別れたすぐは 猛烈な 寂しさに 包まれたけど


気を持ち直し



さーーー こっから 無事にお家まで 走りますよーーーーーっ!!








中央道から 東名 名神  京滋BP 第二京阪 


ペースカー見つけ バンバン走って
名神 近江辺り 登り車線で事故渋滞を 横に眺め







AM 2:30 無事 到着~~~~。

全走行距離 1418㎞




ふぅ。。


やっと できたぞーーぃ






長々と お付き合いありがとうございました♪




そして 
いつもながらやけど・・

かずさん ゆ喜多さん akinakaちゃん やんべさん

ほんっとに ありがとうーーーーーっ!!

今思いだしても笑える 楽しいツーリングでした♪


また  よろしくねーーーっ♪

関連記事

Posted on 2012/10/22 Mon. 14:07 [edit]

category: 関東・甲信越・中部

thread: ツーリング  -  janre: 車・バイク

TB: --    CM: 22



22

戸隠から飛騨へ@二日目 

10月6日(土)

白ぼる子さんのご紹介のセレブなお宿の一夜を過ごした私たち
今日は いよいよ あのakinakaちゃんと やんべさんが 合流し
5人での お泊りツーリングとなります。




ゆ喜多さん  ◆夜明け前の旅立ち@北信州・奥飛騨ツー
       (ここで終わるか 続編なるか?)

akinakaちゃん  ◆ 長野岐阜ツー1日目(動画編)
          ◆記事偏
         ( コンスタンスに 記事を仕上げ中 )

やんべさん  ◆ ただいま 出張中らしいですが きっと書いていただけると 期待中 ( ̄m ̄〃)



※注 
ブログ投稿をスムーズに行うため
ルート表示 場所の名前 宿の名前 文章等 
akinaka氏ブログのものを一部 コピペした 部分がございます。ご了承くださいませ。
  




前日の夜 秒殺にて 爆睡
朝は すっきりとした目覚め。


お部屋から見える 木々も 少し色づいて
やっぱり 秋がちかづいてるんやな~って 感じ。
戸隠から飛騨へ
早々と ゴルフに来ている方もたくさん。
戸隠から飛騨へ
9時には 道の駅 しなので akinakaちゃんや やんべさんと 待ち合わせなので
少し早目の到着を目指して 用意します。


バイクは スロープ下に 置かせてもらっています。
屋根のある場所は 夜露をしのげるので 助かるね
戸隠から飛騨へ

荷物を積み込んで バイク達も出番待ち 
戸隠から飛騨へ

秋のしっとり ひんやりとした空気の中を
集合場所までGO--
戸隠から飛騨へ





道の駅 信濃

来てるきてる~
やんべさんバイク(VFR800 )と akinakaちゃんバイク( CB1300SB )だ~
6_20121015205635.jpg

akinakaちゃんとは これで 3度目?
しかも 今年の4月に初めて会って? 
関東と関西 距離を考えると 多い?
まぁ それを言えば ゆ喜多さんご夫妻とも同じことが言えるんだけど。


やんべさんとは 前回の信州ツーの時初めてお会いした 半関西人なお方
前回は オフ車でご一緒 今回はオンでのご一緒で~す
7_201<br />21015205635.jpg
ん? akinakaちゃんは いずこに? っと思えば 恒例の●○タイム



キタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!
akinaka氏 穴開きウィンターパンツではなく  
今回は痛恨の穴あきウィンタージャケットだぜぃ。・゚・(ノ∀`)σ・゚・。イーヒッヒッヒ!
8_20121015205635.jpg
前日 東京はめちゃめちゃ 暑かったらしく
それなら 穴あきウィンタージャケットでも 大丈夫だろうと踏んだらしく
それが 仇となり 洟を垂らしての エントリーでございます



道の駅 信濃 近くのGSにて まずは 給油



そして 
カズサン こんな道まで熟知してるんかぁ?的な
あへーーーーっ っとなりそな 少々??  トリッキーな道を走り
収穫のすんだ 農道を行き 
9_20121015205634.jpg
着いたのは こちら。

戸隠から飛騨へ
カフェギャラリー いろはな

ここで 朝食兼のブランチをいただきま~す
戸隠から飛騨へ

前回 一人でお邪魔した おやきのいろは堂さん
今回はその裏手にあるおしゃれなカフェ いろはなさんに連れてきてもらいました♪


思い思いに 一人3つずつおやきをチョイス
お焼きがくるまでの間 ギャラリーの中を 探検 
戸隠ツー

季節限定の まいたけ 野菜ミックス アザミ じゃがいも ねぎみそ かぼちゃ つぶあん
などなど頼んだ個数に おまけのおやき
ぬくぬくの マイタケスープと一緒にいただいて。



何を食べても 美味しい♪
ちょっとお味噌風味なのが また美味し
戸隠飛騨ツー
食べながら どこで どう繋がったのかなんて ブログの話で盛り上がりっ

ひといき 話に花を咲かせた後 
おもてのいろは屋さんに回り  試食のおやきをいただきながら( ̄m ̄〃) おやき発注
戸隠飛騨ツー
着いたおやきは 右の写真。
戸隠飛騨ツー
クール便で凍った状態で届いたおやきは
レンジでチンして フライパンで少々焼くと 表面がカリッとして 
いろは堂さんで 食べたのと 変わらないくらいの 美味しさ♪
家族に大好評!



すすき生い茂り 秋のR406
戸隠飛騨ツー
7月に通った 緑一色だった R406
あの時とはまた違う 秋の様相(あたりまえか 笑)




白沢トンネルを抜けると 目前に見える北アルプス
戸隠-飛騨
車の来ない事をいい事に トンネルの中のエコーに 酔いしれ
 
お風呂みたいだぁ」    とか
石鹸とってくださぁい♪ 」  とか 
いいっ湯だっなー♪ 」    とか (爆)


戸隠 - 飛騨
しかーし このトンネルの入り口頭上には 
ひえーーーーー なんと スズメバチの巣
suzumebati
びっくらこいたぁ~


お次は 八方尾根スキー場
夏の時期だけ 終点まで バイクで上がれるんです。


つづら折れの道で ぐんぐん高度を上げます
それにつれ 気温もぐんぐん下がります~~。
八方尾根スキー場

絶景ーーーーー

25_20121015221035.jpg


その辺に転がっている でっかいウシの糞をふまないようにですね。
足元に気をつけて
踏んだら 足首まで 逝きますからっ。
八方尾根スキー場


このあたりも そろそろ木々が色づき始めています
八方尾根


そうして その林道をぐんぐん下り
白馬ジャンプ競技場横駐車場
28_20121015222648.jpg
広い 駐車場 見ると こぞってクルクル

そして おひとり様 練習開始
30_20121015222857.jpg





白馬ジャンプ台で~す  
183.jpg
でっかーーーー!



あの場所から 飛ぶのかぁ。。
考えると 足がすくむよね~



ジャンプ台のスタート地点まで ゴンドラで 上がって行けるそうなんですが
時間の都合上 今回はカーーーーット 
残念無念じゃーー
(んじゃ また 次のいい季節への 宿題ね)  





皆で記念写真を… ってakinaka氏
うん? 一人足りないぞーー



ゆきちゃん 行方不明



ちょっと探してみれば 売店方向見っけーー!

出たよ出たよ 買い食いタイムか?
29_20121015222647.jpg
夕食は 量が多いらしい事に 期待を込めて 断念したらしい




さ~~ 飛騨まで 南下いたしますよん。



青木湖横を走り
32.jpg
木崎湖の 湖面の近さに おーーー♪
33_20121015224925.jpg

よいしょっとぉ♪
34.jpg

リンゴ農家 の文字に
「かずさん 止まってもらっていい~? リンゴを 送りたいの~」


皆さまUターン 申し訳ない 。


35.jpg
止まったのは 浅野農園さん。

自分たちで皮をむいて リンゴを試食
おやき食べただけで 何も食べてなかったお腹に いいおやつ。

採りたて しゃきしゃきしてうまし!!!
何種類かのリンゴを試食して 千秋という 種類に決定!
36.jpg
リンゴ5キロ 発注~~

その日に収穫したリンゴを 今日のうちに発送してくれるとか。
ありがと~~おかあさん。


送ってもらったリンゴは私より先に 次の日に自宅に届いたそうです。
長野のリンゴ
シャキシャキで撮っても新鮮。 酸味も甘さもあって めっちゃ美味し♪
ワン子も大好き クレクレオーラがすごい!

あのリンゴ と~~っても美味しいよぉ~~!!



そして また みんなにお土産とばかりに 7つばかり袋にいれて くださいました。

ありがとーーーおかあさん
みんなで 分け分けしましたよ~♪


みんなにご迷惑おかけしながら お土産もゲット!
後は お宿まで 走りま~す。



あややややや
出ました出ましたよ~
このご夫妻と走るとこんな表示は日常茶飯事
さて どーするどーする? 
戸隠-飛騨ツー
ごにょごにょ相談して…



R158 野麦街道を快走
戸隠-飛騨ツー
このあたりに来ると 硫黄のにおいが プンとするんだよね~



そして 本日最後の峠 安房峠へと!


いろは坂を ぐいぐい上がっていきますよ~♪



ところが!!



またまた 「車両通行止」 の表示

頂上まで 後少しって とこやのにぃ
なんてこったい


なんと 10月5日からだって~
この土日だけ なんとか通してくれりゃいいものをーー
戸隠-飛騨ツー


さ~って またまた どうする?




…っと うしろを見れば




きゃ~~~~っ
何してんすかっ
こんなとこで~っ!!




レディーがいるのよぉ
戸隠-飛騨ツー
「だって寒いんやもん」  

男性はいいわよね 男性は。  どこでもできるんだから。




それもそのはず 時間も もう4時半近く 気温もぐんぐん下がってきてるのよね 


本日 痛恨の穴開きウィンタージャケットのA氏  やせ我慢もここにきて 限界。 
カッパを着こんだはります。
戸隠-飛騨ツー

土砂崩れなのか はたまた 道路整備のための通行止めなのか

時間も時間だし 安全策をとって Uターンする事に。
戸隠-飛騨ツー
無事 Uターン終了。

来た道を下ります。



なんせこの道 コーナーのとこが 路面ひび割れで ハンドルをとられるのなんのって。。。



いつものごとく
 
 ぎょっへーーーー!!  



っと ヘルメットの中で 叫びながら 曲がっていきますと


どこからか



あ、 あれは chiiさんの声ですかねー? 」   とか

ツーリングは 人っていいますが その通りやと 思いますね~」   とか

前に さいちゃんが言ってた インカムでの 『叫び』  聞けて嬉しい 」    とか



皆の笑う声が 聞こえてきますねん。






へ…?




何 ? 





ヘルメットの中の声なんて 他に聞こえるはず あらへんのに…




ひょいと 無線を見ると スイッチが  ON 状態 ! 


そうなんですね~
さっきの ガチガチUターン中 手のどこだかが 当たってしまったようなんですねー。



いやぁ みなさん ご迷惑をおかけいたしやした。







そんなこんなで 今夜の素敵なお宿
岐阜県飛騨市  国民宿舎 霜出荘 に到着~。



バイクは 嬉しくも 屋根つきのガレージに 入れさせていただき

お部屋に荷物を入れまして。

こちら 女の子のお部屋
戸隠-飛騨ツー
そこを 覗く ●○
戸隠-飛騨ツー

なにはともあれ 先に冷えた身体を お風呂で温めて


いよいよ 待ちに待った夕食の時間~


今日食べたものって言ったら お焼きと少しのリンゴだものねぇ
空腹は マックス!




そして お疲れさま~ 
かんぱ~~~~~い
戸隠-飛騨ツー
みんな グラスなんて見ていませんから(笑)

天ぷらに お刺身に  白身の魚のチーズグラタンかな? 
それから 出ましたっ! 飛騨牛の陶板焼き
戸隠-飛騨ツー
お味噌汁 ご飯は御代わり自由の セルフサービスですよん


ご飯の後は 男子部屋にて チューハイのみながら 
やんべ氏 サイドバッグの中身検証 やら なんやらかんやら


いつものごとく ゆきちゃんスヤスヤ 
戸隠飛騨ツー


23時過ぎには みなさん就寝
f_20121016140315.jpg
ツーも二日目を終わりを迎え

こんな素敵な乗り物に乗ったり
戸隠-飛騨ツー
こんな感じで 走ったりの
戸隠-飛騨ツー
信州飛騨ツー 3日目 最終日へと 続きます


もうしばらくのお付き合いを よろしくお願いします


関連記事

Posted on 2012/10/17 Wed. 18:06 [edit]

category: 関東・甲信越・中部

thread: ツーリング  -  janre: 車・バイク

TB: --    CM: 20



17

フフン 

ふふん

腹立つし 悔しいし     ぶつけるように 磨いたった




凹み全開モード  とつにゅー中







ちくしょーー!





関連記事

Posted on 2012/10/16 Tue. 08:39 [edit]

category: バイク

thread: メンテナンス&ケア  -  janre: 車・バイク

TB: --    CM: --



16

やっと会えたね 

10月14日(日)

会いたいなぁと言いつつ いっちゃんで 会いましょう~ って言って
あいにくの雨で お流れなったのは 去年の今頃かな~?
それから 機会を伺いながらも なかなか 会う機会を作れない

ところが 

この14日 京都は八幡市にある たこやき「いっちゃん」に 再びこられるとのこと。

このチャンスを逃すとまた いつになるかわからないっ!
と いうことで
とうちゃんに つきあってもらって 行ってきました~。

お会いするのは 富山のチョロチャン。


9時半には 美山につくということなので
ちょっと早めの 10時半に 八幡の「いっちゃん」に到着

いっちゃん

待つ間 お腹もすいたので
たこ焼きと 揚げたこ焼き(ぱりぱりで ウマウマ♪)を いただき 待っていると

チョロチャンの関係者らしき 後から後から到着。

(なんていう顔の広さなんだ!)


ほとんどが知らない方ばかりの中
私より 年上の女子ライダーさんや娘のような年代の 可愛い女子ライダーさんもいたり
いろんなお話をさせていただく事が出来た。


ん~ いつまでも こんなふうに乗りたいなぁ♪
なんて。


父ちゃんは父ちゃんで ninja1000に跨らせてもらったり。


12時前
続々と チョロちゃん部隊が到着

002_20121015200856.jpg


あっというまに いっちゃん前は バイクでいっぱい。


ひえーー すごっ!


その中に 前にみうちゃんが こちらに来た時に
ご一緒させてもらった みなみさんがいて  なんだか ちょっと ほっ
奥様にも お会いできた。




きんちょーー
あれが チョロチャン
かわいーーーー♪

初めての 挨拶も ドキドキーー
やっと会えたよ~
010_20121015194442.jpg
ちょろちゃんバイク 
実物だ~~  ピンクがなんとも可愛い




また 滋賀の女子ライダースクールで ご一緒させていただいた方にあったり
YSP工場長のお知り合いの方がいたり世間は狭いな~と 感じたりもした。


たくさんの人人なんで ちょっと早めに 失礼させていただくことにした。

ちょろちゃん
そして みなさんありがとうございました~!!
名前を覚え切れてなくて…^^;
また どこかで 見かけたら よろしくお願いいたしま~す♪




バイクを置いていたのはド真ん中
視線を感じながらのドキンチョ‐モードで出発~






ちょこっと走って 到着したのは
ちょろちゃんを待つ間に いっちゃんのオーナーに 場所を教えてもらった
流れ橋
流れ橋
正式には上津屋橋(こうづやばし)今や貴重となった長大な木造橋である。
流れ橋の常として欄干は無く、橋桁は流れるといっても流失するのではなく、
分割して洪水流に棚引くようにワイヤーで連結されている。



先日の台風で 橋けたには 流木や草がまきついて 悲惨な状態

近くには 第二京阪 こ~んな 場所にあったなんて~
思ったよりも長い橋やわ



綺麗な時は 時代劇なんかのロケなどによく使われたりしてる場所らしいけど。
流れ橋



バイクを置いて そばまで行ってみることに。

自転車やバイクは 押してなら 渡ってもいいんだ~
流れ橋

せやけど ひどい状態や~
流れ橋

台風の後 まだ全然手つかずの 状態みたいやし。

流れ橋


綺麗になった時に 歩いて渡ってみたいね~ って 父ちゃんといいながら。


和束まで まったり走って 帰着。









さて~~っと これでやっと とりかかれれるかな~?

リンクリンクって 手もあるんやけど
ここは やっぱり 書いて残しておきたいしなぁ。。


信州ツー 
次は akinakaちゃん やんべさんが 合流しての 二日目です~ ♪


っと 前振り。

















 

関連記事

Posted on 2012/10/15 Mon. 20:06 [edit]

category: 近畿

thread: ツーリング  -  janre: 車・バイク

TB: --    CM: 10



15