04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

風のいろ

明日 お天気やったら嬉しいなぁ 

和歌山 いや(ら)しの湯女子お泊りツー 

5月26日(土)~5月27日(日)  

和歌山女将企画お泊り女子ツーに行ってまいりました。

現地集合って事で 17時までには着けばいいんだけど
15時着を目指して ちょこっと遊んで行くことに。

家の用事を済ませて 10時過ぎに家を出て コンビニにておにぎり買い込んで。

針経由にて 道の駅黒滝
川のそばの日陰にて おにぎりちゃちゃっと食べて。

先日走った野迫川村の道を 走って遊んで 村役場近くのGSにて給油。



さて どっちに走るか…
給油してもらいながら しばし 悩む。



未走の 53号をやっつけて消化不良の気持ちをすっきりさせることに。
(その時の記事  野迫川探検ツー


向うの村道もよかったけど こっちも なかなかの絶景が見れたりで。
53号
53号下って またまた 村道をかけ上がって R371へ。


R371沿いにある
「やどり温泉 いやしの湯」  
今日の集合場所&宿泊場所到着~。
やどり温泉 いやしの湯
すでに何台かのバイクが来ていらっしゃり
受付美人女将はビールを1杯半やっつけていた模様。

17時ごろには
西は山口 四国 東は神奈川 北は富山から 続々と終結。
総勢25名。
バイクもオフありオンあり アメリカンあり 色とりどりでございます。
016_20120529134945.jpg
4棟あるコテージすべて貸し切りにてのお泊りツー 
いやしの湯コテージ
お部屋の中には キッチン 温泉のお風呂 メゾネットの畳の部屋
page4_20120529141128.jpg
リニュしてまだ日も浅く 新品のにおいがプンプン。

初めて会った者同士でも 気にせず一緒に温泉に入り
夜は本館にて みんなでワイワイ食事会

その後は一つのコテージに集まって みんなが持ち寄ったお土産を交換
自己紹介したり 飲んで 話して 騒いで。
page4_20120529135606.jpg
22時過ぎいったん解散
解散してからも それぞれのコテージに戻って 夜中まで宴会は続きまする。

いやはや賑やか賑やか
コテージすべて貸し切りでないと こりゃ無理ですわ(爆)

明けて 27日(日)

朝はち~っとばっかし一人でその辺を散歩

このあたり まだ蛍が見れたりするとか
釣りざおに ご飯粒つけて垂らしても アユやヤマメが釣れるそな(お宿の従業員語)
page2_20120529140211.jpg
朝の冷たい空気が気持ちいい!



バイクに荷物を乗せて
それぞれがそれぞれに 思い思いの方向に 出発してまいります。
page5_20120529140459.jpg
私はといえば 和歌山女将と大阪某焼き肉屋女将と走ろうかとも 思ったんやけど
朝から参加の 焼肉屋女将が待てど暮らせど こないってんで
しびれを切らして 先に行くよん♪ っと出発。

R371をまいります。

昨日こんなとこ走ったっけかな~ …と 思いつつ

三差路 右折して 
page6_20120529141657.jpg
出てみりゃ なんと高野山じゃなくて 野迫川村っ!(爆)
アホやーーっと自爆

曲がるとこ曲がらずにいってしもたみたいです。
何ぼほど野迫川好きやねん。ってかんじ。

っと ここまでくりゃしかたない。
昨日走った村道登って またR371

そして今度は高野山方面。
page7_20120529141706.jpg
商店街の中を走って
この時間だと まだ人も車も少ないね~。
page8_20120529141713.jpg
R371
page9_20120529141722.jpg
こんな道やあんな道
page10_20120529141732.jpg
見晴らしのいい場所なんかを走って
068_20120529142228.jpg
こんな壁画がある場所で写真撮ったり
082.jpg
こちら側は もう鮎の解禁したんやね~
釣り人がいっぱい~。
なんて 眺めたり。
page11_20120529141749.jpg
って事で 着きました。
「あらぎ島」
水を張った所がみたかったのよね。

やっぱ いいね 水が入ると。
page12_20120529141759.jpg
↓今年3月来た時のもの
085_20120529145630.jpg
今度は黄金いろに輝く時をみたいもんだ~♪

などと見ておりますと
進行方向から 男女2台のバイク。

神戸から来たとのことで 
きれいですね~ なんて 話してると

またまた 今度は  私が来た方向から 2台のバイク。



和歌山女将と大阪女将に 捕まっちまいました。
109_20120529142810.jpg
そっから 3台でランでブー♪ 


来ました生石高原。
115_20120529142855.jpg
まずはレストラン?にて昼食
卵かけごはんと こうどん。
120_20120529142944.jpg
食べた後は 生石高原へと登ってまいります。
131.jpg
この岩 高さがおよそ5m~10m  足の裏が こそばゆうございます。
128_20120529143258.jpg
またまた そこから一段上がった所にある 岩場に登ったりなんかして
page13_20120529141811.jpg
○○と煙は高い所に登りたがる の 図 

ちょっと生石高原まで お買い物にきましたの♪ の 図
139_20120529143544.jpg
岩の上より
136.jpg
そんなこんなで シワを増やしまして。
こ~んな道を走ったりしながら
167.jpg
来ましたの「ドーシェル」
174.jpg
あいかわらずのたくさんの人

人が通るとこやし どうなの?って感じやのに 警備員さんが ここに停めろと申しましたの。
172.jpg
パンもほとんどなし 残ったパンをふたつみっつ買い込んで そそくさと退散。
175.jpg
3時までには 家に戻らなければならないという 和歌山女将 
そして 夕方には店に行くという 大阪女将 
185.jpg
二人と別れまして 再び山方面へと。
気温もぐんぐん上がりまして ちょっと一息。
193.jpg
県道繋ぎ R480超えて また県道  
195.jpg
こっち行ったら街にでてしまうかも っと 山方面へ走ったら

R480~~~?  さっき超えたはず…
キツネにつままれた様になりまして
地図見て納得

また 同じ県道走る事になりまして
 



おトイレしたくなったら 寄ってや~
っと言葉を残して走り去った 和歌山女将の言葉にすがり 寄ったものの 留守じゃん!!


街に入れば ゆっくりモードの国道 我慢できずに コンビニ休憩。


距離は出るけど やっぱり山方面走ればよかった…
前回もそう思ったのに  学習能力のないヤツ


ここまで来たら 山に入るも微妙な距離。
ドドッと押し寄せる疲れをタウリン投入して 吹き飛ばし。
腹をくくって すりすりモードで 帰宅。


笑って 笑って 
またまた 新しいお方にも出会えた和歌山いや(ら)しの湯お泊り女子ツー 
独立独歩の 素晴らしいお方たち。
今度は どこで 出会えるやろうか。





 





関連記事

Posted on 2012/05/29 Tue. 23:16 [edit]

category: 近畿

thread: ツーリング  -  janre: 車・バイク

TB: --    CM: 30





29

○○の隙間埋めます 

タンクバッグにも貼った 他にもちょこちょこっと貼って遊んでたんやけど
どうしても本体に貼りたい衝動を抑えられない。


v ( ̄∀ ̄*) v イヒッ♪

穴
コレ たぶん水抜きの穴やと思うンやけど。
雨の日や水たまりとか走ったら 水抜きになるどころか
かえって 泥や砂 水が入り込んで かえって掃除が大変なのよ。
で…その対策に 黒のガムテを貼っていたんやけど。






どっちのステッカー貼るかまようーっ!






ヘヘッ
穴埋めって事で
三頭身ステッカー









ちょっと土や泥 もしかしたら小石がビシバシ当たってしまうかもしれへんわ
って 絶対あたりますやん(='m') ゥププ
005_20120522105207.jpg
か、か、か、かんにんなぁっ こんなとこでっ(*≧∇≦*)ブヒャ!!!



もう一枚はもうちょっとましなとこに貼るから許してネ♪ 




 





関連記事

Posted on 2012/05/24 Thu. 20:47 [edit]

category: バイク

thread: バイク用品  -  janre: 車・バイク

TB: --    CM: 19





24

ワイワイ女子ツー 

5月20日(日) 

お父ちゃんは友達と伊豆方面にお泊りツーリングいったし
自由なんやけど ワン子が気にかかるし。

前日までどうしようかと迷ってたツーリング
結局参加することに。

ドタ参あり等 ユルユルなんが 気楽で楽ちん。
もちろん連絡だけは キチンとね。
って事で 行ってきました。

嬉し 楽し 騒がし 現地集合女子ツー

企画者konちゃんが 雨女とか 
(そういや…例の下見も雨やったよなぁ イヤ…せやけどあんときは晴れてたよな?)
でも まぁ こういうときはカッパ持参に限る。

大内I.C 某和歌山美人女将と合流いたしまして
名阪国道 途中板屋から降りて25号
やっぱり亀山近づくに従って気温が低くなってまいります。

やってきました関宿 西の追分。
みなさんすっかりお集まりのご様子
003_20120521122545.jpg
参加者 女性13人 企画者konちゃんのだー様の男性1名
嬉し楽し女子ツー
あっち覗きこっち覗き ぞろぞろまったり歩きまする 
関宿女子ツー
こんな異質なものが置いてあったり
関宿
12時に食事 それまでは散策と言うコース


1時間も歩かないうちに誰かが言いだした。

腹減った

小学生のごとく 先生私も私も~と 手を挙げる面々。
言い出したら聞かないおばちゃんたち。
お店の方に交渉して急遽予定変更。 

本日のお食事処
会津屋さん  
関宿
おっとぉ







気を取り直して。

本日のお食事処 会津屋さんでございます
会津屋
店内も風情がございます。
女子ツー
食事が来るまで お初の方もいらっしゃるので 自己紹介などを。
30代前半から 50代まん中あたりまでの幅広い面々。
一気に平均年齢さげてくださった お若い方々ありがとう♪
sekijuku1.jpg



本日のランチお勧め御膳
お蕎麦はゆずの香りがいたしまして 
山菜おこわ これがまた激うま♪
会津屋
おこわのお椀の蓋開けた瞬間 「少なっ」と思ったけど口に出さず。
少なっと思ったものの 全部平らげれば いい塩梅。


食べた後は ぞろぞろ また歩きまする
前回来た時とは また違うものが目に入ります。
sekijuku5.jpg

これは 「真竹」といって「孟宗竹」とはちがうねんで と 桶屋の親父さま
筍の生えるのが妄想竹孟宗竹らしいです。
細い竹ひごをクルクル器用に巻いておられました。

棚にかけられた道具がひときわ光ります 職人でんなぁ
sekijuku4.jpg

交渉したものの 14名は無理と 断られた素敵なカフェ
sekijuku2.jpg
2階がカフェになっているものの
1回は昭和レトロなものがい~っぱい
sekijuku3.jpg

断られたので 他カフェを探してぶらぶらぶらり。
和歌山女将お勧めのカフェに。

ちょっと奥まった所にある「楽」
緑に囲まれた場所にあって 素敵~♪
cafe
14人の襲来に あたふたのお店の方

飲み物とケーキにてワイワイ
途中 マスターがギターを弾いてBGMにしてくださっているのに 誰も聞く様子なく。
cafe_20120521122259.jpg
外にて記念撮影
page_20120521122419.jpg

時刻もそろそろ15時
お空も雲行きが怪しく 少し冷たい風が吹きまする

集まった時と同じように 
バビュンといったり マニアな道を行ったりと 
それぞれ思い思いの方向に解散~。
088_20120521122447.jpg
女将と走ろうおもてたのに ガソリン入れるから行けといいます。
ほんなら 行くで~っと 私は1号を北上。
そして県道繋いで チョイ迷走 無事に 50号 ちょっと休憩。
page3_20120521131146.jpg
信楽に出て 5号  
お天気の都合であきらめようと思っていた 県道1本 雨ももちそうなので こそこそっと。

なんとか 雨にもやられず 帰りつきました。

さ~って また明日からがんばるぞっと♪




 





関連記事

Posted on 2012/05/21 Mon. 12:57 [edit]

category: ちょいのり

thread: ツーリング  -  janre: 車・バイク

TB: 1    CM: 16





21

金環日食 

東京で金環食が観測出来るのは、江戸時代の1839年以来173年ぶりといわれる金環日食
そんなだったら次は生きてみられないので
ちょっとだけ見てみる事に。

関西地方は薄曇り
それがかえって 助かったかも。
金環日食
サングラスもな~んも用意してへんし
ささっと合わせて 手持ちにて。


トリミンぐぅー♪
金環日食
こんなん晴れてたら 見る事もできへんかったよね。




 





関連記事

Posted on 2012/05/21 Mon. 10:13 [edit]

category: 日々

thread: 写真日記  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 18





21

相変わらずの 

024_20120518100559.jpg
先日の事 1通のメール

   水曜か金曜日飲み会しませんか?
   都合のよい日返信ください。


私がきっと一番の返事やね~と思いながら返信。
すぐさま返事が来た。

  ハイ!
  みなさん瞬時の返信ありがとう
  水曜日に安い居酒屋に6時集合~


((笑´∀`))ヶラヶラ  みんな瞬時に返事してるしぃ。はやっ(爆)


って事で水曜日。
集まりました「コレでバレーやめましたから」の5人
(一人はまだ健在やね。)

飲んで歌って 大盛り上がり。



普段 ウンともスンとも まったく連絡もなし。
生きてンだか死んでんだか(笑)わかりもしない。
一声で 集まって
集まれば変わらずにいられる関係。

だんだんと 歯に衣を着せぬようになって 言いたい放題。
遠慮も気遣いもいらない(笑)


ばぁちゃんなっても こういうのでいられたらいいね~








 





関連記事

Posted on 2012/05/18 Fri. 10:34 [edit]

category: 日々

thread: 日々のつれづれ  -  janre: 日記

TB: 1    CM: 12





18