08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

風のいろ

明日 お天気やったら嬉しいなぁ 

三国越林道-探検プチツー 2 

変な道に入り込んだり Uターンしたりハプニングもありぃのですが
後半戦 突入いたします。 

(前半戦 三国越林道 ソロプチツー1 はこちら



地元の方に聞いたりで やってきました。

目的のひとつ

「高麗寺」
画像 307
この山の中に 異国の香り
不思議な場所


何故この場所に?


この林道を走ってみたいと思ったときに
あちこち検索していて このお寺の事をしり ぜひとも訪れたいと思っていた場所


栄えているのか 作る途中なのか
廃墟と化しているのか・・・


階段や 駐車場と思しき場所 本殿と見られる場所
いたるところ草が生え広がっているのですよね。
画像 318
本殿に上がって行くと なにやら人が!

げっ・・・誰もいない場所だと思っていたのに・・・
お坊さんらしき人も・・

そういや お香の香りが立ち込めている


逃げるか・・


  
一瞬迷うが
お坊さんがこちらに向かって歩いてこられたので
腹を決めた。

にこやかに 笑顔を振りまきつつ・・
お話を聞くと

どうもこの方は 管長らしき方。
たどたどしいとまではいかないが 少し韓国なまりのある日本語で話してくださった。
ここは曹渓宗 高麗寺という韓国のお寺で 
ここ童仙房の区長さんとお話をし友好の目的で 作ったのだと。


ほかの方は車に乗られ 上の坊のほうへ行かれ
このお坊様は 事務所のほうに用があるとかで 少し ご一緒に歩かせていただいた。


大きな鐘  これは 「平和の鐘」だそう。


事務所?社務所に行かれるお坊様に
もう少し見学させていただく事を伝え お別れする

失礼ながら後ろ姿を いただいた。
画像 317
天井には美しいカラフルな模様。
鐘には 「曹渓宗 高麗寺」 とある。

【曹渓宗(そうけいしゅう)】
朝鮮の禅系仏教宗団。韓国では現在、「大韓仏教曹渓宗」として、仏教界最大の勢力を有する。
韓国政府(文化観光部)の2005年5月の資料によると、韓国には907の寺院があるが、
そのうち735(81%)が大韓仏教曹渓宗の寺院である。


こちらに少し載っていました。
http://souraku.net/forest/kourai_temple/index.html
これは お寺関係の方が書かれたのか 韓国の方が書かれたのか 定かではありませんが
参考になるかと。


本殿と思しき「大雄殿」
細かな細工が施され 細かな絵にカラフルな色が塗られています。
側面の壁には 神でしょうか 絵がかかれています。
画像 332
本殿と見られる奥の高い場所には またなにやら坊が・・
気にはなったが さすがにあそこまで踏み入れるのは 気がひけました。


一人になり お腹も減ったので
いけないかなと 思いつつ 本殿の裏の日陰に座り
コンビニで買った本日の昼食
涼しい山の風に吹かれながら。画像 333


やっぱり考えてしまう。 
お坊さんがいるんだから やっぱり 運営されてるって事で。
お墓参りの方もいたし・・

高麗寺ハイツと書かれた駐車場の向うの住居と思しき建物
画像 334
建設途中なのか・・
ここは 日本?と錯覚してしまう場所


とにかく不思議な場所だ。
童仙房という土地自体が独特の雰囲気を持つ場所のようにも感じる。
ひっそりと守られてきた集落 
そんな感じがする。。。。







さて
お腹も人心地ついたし。
林道探索に 戻りましょう。

来た道を引き返し 先ほどの場所から 林道のほうへ入って行きます。
まずは 林道走破せねば!
画像 339
途中 「通行止め」の表示が。
これも下調べ済み なので 横をスルスル 通らせていただいて。

この通行止め表示の手前に
三国越林道展望台に歩いて登る道がありましたが(脳波を刺激する山道だったのよね~)
バイクを置いていかねばならないし
今回はパス。
画像 342
崩れた場所。
バイクばかりが 車も通った形跡がありますね~。
大丈夫そうです。
画像 344
通行止め区間の終わり
京都方面へは通り抜けできません とあります^^;
画像 346
その先には見晴らしのいい場所が。
画像-350
どっちの方角になるのかなぁ 
向うの山々が 紀伊山地のほうになるのか・・・ (たぶん・・^^;)
画像 352
休憩していると 1台のバイクが。
大阪から来られた 60代くらいの男性。

しばし あれこれお話をしていると オフ車がまた1台。
通行止めを目の前に 迷ってる様子
行けますよ~ と声をかけると 笑顔で会釈。
山奥へと 走っていかれました。



そして話をしていた 男性ともお別れし
画像 356
さて と 思ったらグローブに蝶々。
和ませてくれますね♪
画像 355


木の葉が落ちていたり 
この間の大雨の影響か 砂がいたるところに。
道路を掃除されてる地元の方がいらっしゃったり
クネクネ降りていきます。

そして 三国越林道の終点。
この前の道路が 伊賀コリドールロードになるのかな。
左が 今降りてきた林道。

コリドールロードの快走路
これも まだ走った事がないので 心惹かれます♪
 
がっ!
画像 357
私は 林道を引き返します。
画像 358
下りと登り 
また 違った風景 ひと粒で二度美味しい♪


さっきの分かれ道。
私は和束方面から来て 異国のお寺の童仙坊へ曲がり
戻ってこの林道に入ってきたわけです。

今度は去年迷い込んだ道。
童仙坊方面から来て おそらく R163に抜けたのだと思うので 確かめに行きます。
その時の記事はこちら
写真も何もなく わかりにくいですが 記事の最後のほうでございます。
画像 360
12月 真っ暗な落葉に溢れた道を下っていった覚えが。
画像 363
この場所 この場所 確かに記憶にありますね~。
ぐる~んと大回りしなければいけなかったカーブ
私の後ろには広場があります。
画像 365
遠くに小さく 家の明かりが見えた木々の隙間
どれだけ行けば町にでるのかと思った道(笑)
画像 366
タイトな小さなカーブを繰り返し コンクリートの小さな橋をいくつか越え
たどり着いたのが ここ R163沿い。
間違いなく この道のようです。
画像 370
出口には ひろ~い駐車場。
駐車場の端っこにレストランがあったり。
画像 372
駐車場には こんな看板。
なにやら この看板でさえ あの童仙房に繋がる言葉なのではないかと
そう思ってしまう私がいます。





目的も達したし
当初は この道を戻り 林道を和束方面に戻る事を考えていたけど
少し広い道を走りたくなりましたね~。

高山ダムから 82号 月ヶ瀬へ
しばし休憩して 4号 R369にて。

R369 前に何台か車が。
どこかでかわせればと 思っていたところの直線  前方右端 何やら車数台と人
取り締まりで おます~
そういや 交通安全週間でございましたね。

安全に安全に。

無事帰宅。




 





関連記事

Posted on 2011/09/28 Wed. 23:13 [edit]

category: ちょいのり

thread: ツーリング  -  janre: 車・バイク

TB: 0    CM: 30





28

三国越林道 ソロプチツー 1 

お天気よ~し♪
爽やか~。 青空が奇麗だ~♪



ウズウズ・・・



やっぱり 行くっきゃないっしょ
ず~~っと温めていた あの道
この間の台風の影響は 気になるものの
この間から お天気も良かったし
今日を置いて 他にはな~い 今日行かなきゃ いつ行く!

って事で
行ってきやした。


「三国越林道」
伊賀市内から京都府までの広域基幹林道で、途中で分岐して滋賀県にも通じ、
三府県を結んでいるところから命名されたそうです

R163-62号

行きますよ~ん♪
旅の始まりは ワクワクしますね~(大げさ)

天候が荒れれば このゲートが閉まるんだろうか・・
和束から R307に抜ける62号も かなりなものやったけど
こっちは どんなもんやろか
画像 242
なかなか いい道
でもこりゃ車に出会うと ギリかも~
画像243
写真撮りながら走ってると 後ろに車
急いで カメラを直して ブイ~~っと。
アスファルトから コンクリートの急なコーナーがあったり
ぐんぐん高度を上げていきます~。
画像-246
っと思ったら 急に平坦に。
ん~ 茶畑が奇麗や

62号から右折 ここからいよいよ三国峠林道へ入っていきます
最初道がひび割れていたが 路面もよくなる。
画像-249
こんな見晴らしのいいところも
画像-252
茶畑が奇麗だ
画像-257
道の端に木屑 枯葉も結構落ちてるけど  ガードレールもあるし草も刈られている
んふふふふ♪ ええかんじぃ~~♪
画像-259
画像-262
三叉路に出くわす
左が林道 右は「林道野田線行き止まり」とある。
画像-267
路面も少し荒れ模様 木屑が落ちていたり葉っぱが落ちていたり。
画像-274
だんだん道の端の草が 道に覆いかぶさるように。
こりゃ楽しむどころじゃないなぁ。 見通しも悪い。
あぶね~ あぶね~~。

案内板。
61年開通とある へ~。 17キロってとこか。
・・・にしても まだ3分の1足らずのところ。
画像 278
軽く登ったり下ったりしながら クネクネクネクネ

道が奇麗になってくると 集落が。

こんな山の上に 集落があるなんて ちょっと不思議な感覚
自分が知らなかったから そんな感じがするのか
それとも ちょっとした独特の雰囲気のある場所のせいか。
画像-281
じつは 今日は 三国越林道を走破するほかに あと2つの目的が

それは後のお楽しみにして・・

廃校になった小学校 
そして 道案内
林道は おそらくまっすぐであろう・・(たぶん)わからへんけど。
 
第一目的のものを探して 左折 童仙房方面へ
画像-284
ありゃりゃ~~

道がっ!!

だんだん あ・や・し・く・・なるぅぅっ 

草 生えまくってるし

蜘蛛の巣にもひっかかるしぃ
画像-289



ちーーーーーん。。。。

・・・・・・・

やっちまいましたね。
ま こうなることは 目に見えてましたね。。


かすかな望みを託して 歩いて先を見に行っても・・


ハイ。 Uターン。
おめでとう。

下り坂やし

あのぼこっと削れた砂利道では とうてい無理やわなぁ。。 

せやけど。。。

ちょっとバイクの前の舗装 Uターンするには少ないよな気がする。。

車みたいに バックギアついてないもんなぁ
画像-293
後は・・ 

後ろに 押すしか! 

な・い・や・んんんんん~~っ!!



こんな事っ あるしっ

やっぱり!

600がっ! 私には~~~っ! 

おうてるしぃ~~~っっと!!


こんなん!

800とか! 900とか! リッターバイクとかっ 無理っ!!(どのバイクのこっちゃ ^^;)

ディバがっ! 身の丈に! おうたバイクやぁぁああっ! 

うっしゃ~!



       ゼーハ- ゼーハー。。。



汗かきまくり  筋肉プルプル   無事 Uターン終了。





来た道を引き返し
誰かに聞いてみよう~

さっきの集落の所にまで戻る

こんな所に民宿?
童仙房山荘」とある・・・・
こんなところで 泊まる人もあるんやろか・・・


ごめんください と 声をかけたら 奥から男性が。

聞くと 「童仙房」というのは この辺りの地名らしい
で 林道は あ~行ってこう行ってと。
そして 目的のものの場所も。
画像-296
ということで
またぶい~っと。
さっきの小学校もとおりすぎっと。
画像-297
林道の行き先は 島ヶ原
わたしは・・・っと 童仙房方面へ左折。
画像-302
この道。
やっぱり 去年 旦那と信楽から入り込んでしまった道だ。

目的のひとつ
去年の秋 信楽からこのあたりに入り込み R163に出た落葉に覆われた道
夜になってしまい どこをどう走ったのか わからないままだった道
それを探るためでもあった。

繋がった!
この道を向うからこっちに走ってきたんや。


そうして もうひとつの目的も もうすぐそこ。


つづく。。。
画像-358





 





関連記事

Posted on 2011/09/27 Tue. 22:22 [edit]

category: ちょいのり

thread: ツーリング  -  janre: 車・バイク

TB: 0    CM: 18





27

どう生きるか 

先日テレビで 80歳になるご老人がおっしゃっていた言葉



死に様はえらべないけど

         生き様はえらぶ事ができる



自分の大好きな場所に立ち そう呟かれた。




自分の生き様を決めるのは自分
どう生きていくか決めるのは自分


精一杯 この人生を生きたっていう
精一杯楽しんだっていう そう思える人生でありたいなと 思う
苦労も 辛い事も 苦しい事も 楽しい事も 悲しい事も

そんな簡単にはいかへんやろうけど・・・



そして 自分に正直に生きていたいな とも思うこの頃。






 





関連記事

Posted on 2011/09/26 Mon. 23:01 [edit]

category: ひとりごと

thread: ひとりごと  -  janre: ライフ

TB: 0    CM: --





26

ぶらっと 余野 京北 

連休最終日
お昼前からぶらっと コスモスを見に。
高槻から 110号  R423

砂利の駐車場にバイクを入れて
247_20110925203902.jpg
豊能町コスモスの里
239.jpg
そろそろ満開かな
275.jpg
草むらに座り込んで 買ったお寿司をいただいて。
277.jpg
付近の田んぼはもう小金色
稲刈りも済んだところがたくさん。


R423  25号 R477 362号 R162  京都から 第二京阪側道 





 





-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2011/09/25 Sun. 21:48 [edit]

category: 近畿

thread: ツーリング  -  janre: 車・バイク

TB: 0    CM: 22





25

佛隆寺  -  奈良 

またまた大きな台風
各地に被害をもたらしながら 東北方面に。
まだまだ 被害が広がりそうですね。
皆様気をつけてくださいませね

そんな台風が近畿を通り過ぎた午後
この台風 この雨 そして平日
来ている人も少ないだろうと踏んで 
雨も小降りになったので 主人と一緒に車で昨年のリベンジに。

昨年バイクで出かけた時は もう花も終わり。
悲しい思いをしました。


駐車場に着くと・・・・
同じように思っている人がいるんですね。
車が2台ほど止っていました。
画像 293

247.jpg
傘をさしながら 雨に濡れながら
雨ならではの 彼岸花の美しさを堪能してきました。
251.jpg

259.jpg

254.jpg

245.jpg
普段はチョロチョロと流れる小川も水かさを増していました。
240.jpg

258.jpg
珍しい白の彼岸花
269.jpg


帰りにはいつもは素通りする針テラスに寄りました。
さすがに さすがにこの日はバイク1台もおらず(笑)

みかんや栗 野菜を仕入れ帰りました♪





 





関連記事

Posted on 2011/09/21 Wed. 21:34 [edit]

category: 日々

TB: 0    CM: 25





21