10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

風のいろ

明日 お天気やったら嬉しいなぁ 

談山神社 

11月15日


母のお見舞いに行った帰りに 
あちこちと 道草

IMG_6957.jpg

綺麗なモミジの所で写真撮ったりしながら。

1_20171116105443c28.jpg



夕刻 日が陰ってしまって きれいじゃないかもと思いつつも 立ち寄ってみた。


2_20171116105446432.jpg


談山神社


谷にあるせいか 気温が低く 寒い
日が射しているのは上のほうだけ


時間のせいか 人もまばら そろそろ店じまいをする露店も。

1_201711161103498ee.jpg


拝観料 お1人様600円を払って中へ



3_201711161054475d6.jpg

日が射していれば もみじの赤もくっきり だったんだろうけど
これはこれで いい感じ。



静かで いい感じ



楼門 拝殿 も重要文化財らしい。

2_20171116110351354.jpg



藤原鎌足公をお祀りする本殿 これも重要文化財だそう

3_20171116110348dd9.jpg 
重厚な雰囲気







6_2017111610545996c.jpg

拝殿の中には いろいろな展示物が 中には戦国時代のものもあったりで。

7_20171116105500c49.jpg










室町時代に建てられた十三重塔
木造十三重塔としては世界唯一らしい。

4_20171116112204684.jpg

古めかしく重々しく …
こういうのを見ると 昔の人はすごい!って思ってしまうねぇ






8_20171116105502dae.jpg

銀杏の絨毯が屋根にも下にも








1_201711161127115f2.jpg



私たちで最後くらいかなと思っていたけど まだまだ後から来られる方も。

10_201711161054577f8.jpg









露店で こんにゃく煮を二つ買って ゆず味噌を付けてもらう。

こんにゃくからたちのぼる湯気に
もうすぐ冬がくるんだな~って。

ハフハフ こんにゃくを食べながら 駐車場まで。








 





Posted on 2017/11/16 Thu. 11:20 [edit]

category: 未分類

TB: --    CM: --





16

ご褒美ツーリング 2泊3日 2日目 蔵王エコーラインハイライン-そしてまた会津へ ② 


とーちゃんも私も 会津磐梯スカイラインを 無事にリベンジでき
意気揚々と 次の場所へ。


26a_20171031170012dd8.jpg





下道と高速 20分~30分の差
でもここは この20分30分が惜しい
時間をお金で買って。東北道を 北へ バビュン。




福島飯坂ICから白石IC まで

c_201710311827132f1.jpg





そして R457
レレレ? ちょっと思っていたような道と違うぞ? なんて 道に。

30_20171031182714930.jpg





途中 ちょっと危ないことがありました

小さな集落の所

とーちゃんは 「止まれ」で いったん停止してたんです。

それに気づかず 私はスピードも落とさず 危うく とーちゃんにぶつかりそうに!
直前で 横をすり抜けることができ 事なきを得ましたが

あのまま ぶつかっていたら…
または とーちゃんの横をぬけたはいいけど 車が来ていたら…

そう思うと 冷や汗が出ました。



気を付けないと  ですね。








そんなこともありぃので 何もなかった事に感謝しつつ走っていると











おっ?あれは?

1_2017110213162361d.jpg


蔵王?

30a_20171031182716234.jpg

蔵王だーーーっ!

30c_201711021317501f4.jpg

そして ここは 宮城県
宮城県まで 走ってきてるんだよぉ すごいね~












ルートを変更するかで 迷っていた時に 
吾妻磐梯とともに 一緒に浮かんだのが 蔵王エコーライン


でも…行けるか?


やっぱり時間的なものを 考えたけど
とーちゃんしっかり乗り気に。



蔵王エコーラインも 磐梯吾妻スカイラインと 同様
台風の後 23日24日あたり 寒気が入り 凍結のため全面通行止めになっていた。

う~~~ 
このまま通行止めが続くか
それともこのお天気で 通行可能になるか…・



毎日 道路状況をチェック


そしたら 出発前日24日は通行可能に。



やったー!
これなら 行ける!




そんな感じで このツーリングに出たのでした。





ちなみに 週末の雨以来また 寒気が南下
磐梯吾妻も蔵王も積雪で 通行止めになっているようです。






さて話を戻しましょう





R457を 快調に走り

30b.jpg




R457から12号

1_2017110213190037c.jpg




蔵王エコーラインに入ってきました。






細かなターンの繰り返しで 標高をあげていく

31_2017103118273038b.jpg

あがって行くにつれ 紅葉も鮮やかに

31a.jpg





そして 紅葉のおわりへと


33_2017103118290171f.jpg


いろは坂のように 短いスパンでのカーブの繰り返し


34_20171031182903b1e.jpg


残念ながら あがるほうでは 走って来た道などみえそうもなく
もしかしたら 反対に走るほうが いい感じなのかも。





それでも 蔵王 五色岳を見ながら 上がって行く期待感 高揚感は おおっ!というものがあります。




ここで ちょっとトイレ休憩をして

35_20171031182857699.jpg


また カーブを繰り返し あがって行きます。



磐梯山とはまた違う火山の様相


36_20171031182858c61.jpg



なんだか 自然のすばらしさ 恐ろしさみたいなものも感じますね


37_20171031182900b28.jpg





そして 蔵王ハイラインへ。
蔵王エコーラインより分岐した2.5kmの有料山岳道路です。
1台 380円を 払います。


39_20171031182919705.jpg



またくる~んとあがって行きます

40_20171031182921549.jpg





ハイライン駐車場
結構車も来てますね~

41_201710311829151ee.jpg


残念ながら 山形県側は 霞んでしまってあまり よく見えません。




駐車場のおじさんによれば 朝は山形県側もくっきりと見えたそうです。
それに 今日は お釜が はっきりと見えるそうです。




ではではと  コンビニで買ったおにぎりとお茶をもって
お釜を見に行きましょう





蔵王レストハウスと駐車場のようすです (写真はお借りしました)
42_20171031182916a16.jpg




お釜…
遊歩道を どれだけ歩けば みれるのかな~


43_20171031182918df5.jpg

右上には 神社のようなものが見えるけど…







そんなことを言いながら少し歩くと  見えました!

44_20171031183040b44.jpg



火口の周囲が黒いですね

45_201710311830416ed.jpg



見えました! お釜です。




綺麗なグリーン

46_2017103118304320c.jpg

蔵王刈田岳・熊野岳・五色岳の3峰に抱かれた円型の火口湖。
湖水は強酸性のため生物は生息できないそうです。
水温は表面から10数mの深度で摂氏2度まで下がり、
それより深度を増すと温度が高くなる特殊双温水層で、世界でも例がない湖らしいです。
太陽光線の当たり方で様々に色を変えるため、「五色湖」とも呼ばれています。
南西から流れ出て濁川となり、賽の磧の北側を迂回して太平洋側へ流れ出ているのだそうです。

47_20171031183037b37.jpg


東側を見ると 宮城県のどこかの町が遠くに見えます
もしかしたら その向こうに 見えているのは 太平洋かな

48_20171031183038724.jpg

素晴らしい風景です。





あれは 走って来た道でしょうか

49_2017103118305889b.jpg


写真撮ったり 見たりして 一息

それでは ここで 昼食とします。
素晴らしいお釜と遠景を見ながら 石に座って いただきました コンビニおにぎり。

1_2017110213454033a.jpg





ゆっくりとレストハウスまで戻って お土産を物色。







駐車場に戻ると また バイクに乗られた方が来てました。
駐車場のおじさんに 早くいかないと 雲がやってきてるから 見えなくなるぞって
急がされてました。



お釜がはっきりと見えるのは そう多くないらしいと
後で聞いて ほんとにラッキーだったのだと 思いました。











そして 蔵王エコーラインを降りていきます。

50_20171031183100b93.jpg




このあたり 紅葉が綺麗なのは10月中旬
こちらも紅葉はすっかり終わっていますね



山形県に入りました。

51_20171031183101829.jpg




どんどんはしって 降りてきました






52_201710311831031d7.jpg


上山市に入ってきました。

53_20171031183057533.jpg


山沿いにも 走れそうないい道があったんだけど
ぐるぐるナビ様の言う通り 最短時間の道をチョイス


1_2017110214080415b.jpg



13号上山バイパスから  時には 除雪車ひきいる渋滞に入ったりしながら 
お利口に いう事を聞いて走ります。


2_20171102140805af1.jpg



あ~ でもやっぱり だめですね 
ぐるぐるナビ様に 頼っていると 自分がどこ走ってるか わからなくなって
チョットよさげな道にも それる事さえできません。

やっぱり マップル見ながら 走らないとだめですね~




チョットした冒険も ツーリングのスパイス 






上山市から米沢市へ






街中走りに 少し疲れて R121 そばの コンビニ休憩
おやつをおなかに入れて。

3_20171102140804634.jpg




234号から 2号

山の中へ入って行きます

54.jpg


山はいい!



クネクネと また 峠を上り

55.jpg


見晴らしのいいところで いったん停まって

56_2017110213565255d.jpg

向こうの山は どの山になるのか 皆目見当もつかないけれど
いい風景ですね~

57_20171102135654ce9.jpg







しばらく走った所で また カメラマンが いたので停まってみました





そろそろ夕焼けの時間
それを狙って カメラマンが 三脚立てていました

58.jpg



天使の階段がみえました

59.jpg


そして  桧原湖かな?

60_20171102135718c0a.jpg 61.jpg



61a.jpg



この道を選んだ理由は あと少し先




62.jpg



もう少し先の展望台



63.jpg


64.jpg


ここ! ここ! と思ったところ
車がたくさん停まっていました。


65_20171102135826e79.jpg

磐梯山を望み 道路が下に見える場所 

1_20171102143533d44.jpg





これですこれ! これが見たかった~

66.jpg




見れたので 満足
さて そろそろお宿に向かいましょう


上から見えた 道を降りていき

67.jpg

桧原湖の横を走り

68.jpg


磐梯山が見えるところで また 写真を撮る


69.jpg


そして R459  朝走ったところ ちょうど 1周してきたことになりますね~







時間は4時半 少しだけ寄り道します


71.jpg

少しだけ 五色沼を見てみました


全部回るには 時間がかかりそうなので 弥六沼と柳沼

72.jpg


湖面の映り込みを狙って。

73.jpg

しっとりと濡れた 林の中も綺麗です。

74.jpg





それでは お宿に向かいましょう

70.jpg


ゴールドラインとの交差点を過ぎ
そのままR459を走ります


75.jpg






5時半ごろ お宿に着きました
今夜のお宿は 大塩裏磐梯温泉 ホテル観山
弱食塩泉のしょっぱい温泉らしいです。


76.jpg


今夜は早めの到着

ゆっくりのんびり お風呂をいただきました

確かに温泉 しょっぱかったです。




露天風呂で 関西は京都綾部から来られたご婦人に会いました
仙台まで飛行機で来られ レンタカーで 蔵王やらをめぐってこられたそうです。
お嬢さんが 宇陀にお嫁に嫁がれて いとこが生駒に住んでおられるとかで
話が盛り上がってしまいました。



page_201711021457086e2.jpg

またまたお腹いっぱいいただいて 
そして 早めの就寝




この温泉 温泉から塩を精製した温泉塩 会津の山塩というものがあるらしいです。
海の水から塩を作るのは よく聞きますが 温泉から塩だなんて 初めてです。


原泉から汲み上げた温泉水を、1割の量になるまで新窯で煮詰め
天日にさらし自然乾燥し、煤などの不純物を取り除けば会津山塩の完成なんだそうです。


買って帰ることにしました。





明日は お家に帰る日です。
二泊三日 あっという間 ですね~ 








 





Posted on 2017/10/31 Tue. 18:32 [edit]

category: 未分類

TB: --    CM: 6





31

南紀モリだくさん1泊ツーリング 2日目 

朝 起きると いい天気!
ベランダに出てみると 朝の空気が気持ちいい

1_20171014171546d70.jpg


昨夜 花火を打ち上げていたのは  あのあたりかな~

2_20171014171547bef.jpg

眺め最高!

3_20171014171549e7d.jpg



朝風呂に みんなで入って 
朝食食べて

ホテルの玄関先にて ポーズ


4_20171014171550ea5.jpg



さ~て 今日も よろしく~~。
行きますよぉ

5_20171014171545982.jpg


まず最初に向かったのは 円月島

6_201710141716007d5.jpg

関西に住みながら 初めて来たという^^;
あの岩の中に夕日が入ると綺麗だとか?





お次に来たのは 昨日 夕日を見るためにスルーした 三段壁
ここまで来たんだから 寄って行きましょう~

7_201710141716012a3.jpg

買い食いしたり お土産かったり 



お次に目指すは 本日のメインイベント!



その前に 一番前行く 尾張娘のガソリン リザーブ!

あやうくガス欠寸前 ガソリンスタンド探し
無事にガソリン入れて事なきを得。
みんなもここで足並みそろえて またまたGO!

8_20171014171603b14.jpg





来ましたよぉ~~   串本大橋!!
くるくる~~~っと 回っていく橋に 気をよくしてテンションだだあがり!

9_20171014171604f7e.jpg
(後ろ2台は 知らない人ね)



路面ヨシ!道ヨシ! 天気良し!  
 スイッチON!



うほほほぉ~ い♪   
きもちよ~~く 3人爆走ランデブー――



お店に行く 分岐も スルー



道路も終わりを迎える頃にようやく はっと我を取り戻し 本来の目的思い出したぁっ! 


オラオラ またんかーっ! っと 
追いかけてきた 花ちゃんに 取り締まられて すごすご。




運よく イセエビ天丼にありつけたから いいものの
これで 食べられなかったら 喧嘩よ喧嘩 と 言われつつも

10_20171014171558a95.jpg
ごめんなさぁい と言いつつも
気持ちよく走れちゃったから いいよね~~と 爆走トリオはニンマリ






お腹もいっぱい気分も最高♪

11_20171014171614cc9.jpg

気持ちよくのんびりと 橋杭岩まで。

12_20171014171615b6e.jpg

最高のお天気に 海がとってもきれいに見える

写真を撮ってくれたおじさまにお返しの写真。

乗せ上手のミポリンに乗せられて しっかり楽しいポーズの皆様♪
13_20171014171617095.jpg

そしてここで じゃんけんポンのごちバトル。
キンカンアイスをみんなにごちそうしてくれたのは 花ちゃん
ごちになりました♪




橋杭岩で出会ったピカチューライダーさん
14_20171014171618290.jpg
聞けば 奈良県香芝市の方々。 ありがとございました~♪






気候のせいか 海がとってもきれいで。
15_20171014171620ff2.jpg

気持ちいいね~

16_20171014171646679.jpg

海のエメラルドグリーン

17_20171014171640db1.jpg



暑さ対策 スタポン兼ねて 道の駅にて休憩

18_20171014171642deb.jpg

そして 那智の滝へ


200円払って バイクを停めて。
滝まで歩きます。

20_20171014171645443.jpg

またまた ここも初めての私


でっかい~~~!

21_201710141716595cd.jpg

300円払って 上の展望台まで。

マイナスイオンたっぷり吸いこんで。

22_201710141717006d7.jpg



滝を見た後 茶屋で お茶飲んで休憩~



時間はすでに 16時を過ぎたところ。
せっかくだからと あちこち立ち寄り 遊びすぎた感。
かなり押し気味。




みんなは これから 鬼が城へと 駒を進め 紀勢道から伊勢道へ 豊川まで。
まこさんは 伊勢宿泊。



さて 私はどうするか。。  しばし 思案。




紀勢大内まで 走って 2時間 そこから高速使って2時間  車多し…
飯高回ったとして 紀勢大内から 3時間近く…か


もしくは ここで 離脱して 168か 169・・・





どっちの道にするかは もう少し思案
とりあえず 那智の滝を降りたところで 離脱することにした。


ありがとーーーーー 
楽しかったよぉ!!




またね!!
インカムの中で みんなに バイバイ



途切れたら 静寂
この瞬間が一番さみしいね。





さて どっちを走るか 
とりあえず 42号 


ガソリン満タンにして コンビニで タウリン注入。


23_20171014171657448.jpg


決めた。 169号!



鬼が城まで みんなと行けばよかったか… 
だけど ガソリンも入れたかったし これでいい


鬼が城 そばを通るとき 心の中で バイバイ 言いながら


42号から309号 まだ 少し明るい中 ほとんどクリアで走れ 快調快調。
309に入った所で いったん休憩 サングラスから眼鏡にチェーンジ

 
この道 思ったより街灯もなく ほんと真っ暗 単独では走れん


バス釣り帰りの慣れた車に ついて快走  



しっかし バイク全然走ってません。
こんな時間って みんなお宿かお家か…なんだろかね~


道の駅 川上で 休憩
ここで ようやくバイク2台に遭遇。 
同じような人いる~と ちょっと嬉しかったりで 




21時前 無事帰宅。




みんなそれぞれ 無事に帰って
最後花ちゃんは 23時 豊川着とのこと   お疲れ様~




花ちゃん ショーコ ミポリンの3人は 翌日三河方面をツーリングとのこと。




いっぱいの 笑走食観!!  
楽しいツーリングを ありがとう!!









 





Posted on 2017/10/14 Sat. 17:58 [edit]

category: 未分類

TB: --    CM: 10





14

滋賀近江 野田町コスモス 


10月7日、8日と 武蔵 上総 三河 尾張から集まった女子ライダーさん達と
近畿圏内 近場だし 距離も短め  
骨折後初の リハビリ1泊ツーに行ってきました。

笑観走食!

楽しい楽しいツーリングでした。

page_20171012104558370.jpg

骨折した腕のほうも 大丈夫のよう ちょっと自信がつきました。
その話は また 後日にアップ予定です。





これは その1泊ツーから帰ってきた翌日のお話。


10月9日(月)

1泊ツーから帰ってきた翌日
午前中にバイク洗車 メンテして すっきり

あんまりお天気いいので 疲れも少々あったけれど
連休中お留守番してくれた とーちゃんと一緒に 
滋賀は野田町のコスモスが満開だというので 車で行ってきました。





時間をお金で買って 蒲生スマートインターまで ワープ



駐車場に 運よくすんなり駐車。


うわ~ 咲いてます! 満開! 広い!

1_2017101210430761f.jpg


この日は 半そででも暑いくらいのいいお天気
たくさんの人が来られていました。


2_201710121043084ed.jpg

約3ヘクタールの休耕田に300万本のコスモスが咲いているそうです。

3_20171012104310164.jpg




そばを 東海道線が走っているので 
新幹線とのコラボを狙って…

a_20171013111647d36.jpg



b_2017101311164852c.jpg


10分置きくらいに 来る新幹線
それでも なかなか ドンピシャでは撮れなくて 
一緒に撮っていた方が 連写されていたので(その方は 白いレンズ持ってました)

私も真似して  …


その方と話しながら アングル狙い

4_20171012104311b6b.jpg





5_20171012104306396.jpg


合間に そばのコスモスをパチリ。


6_2017101210433068f.jpg




7_20171012104332fa6.jpg

いっぱいのコスモス  
ありがとう


8_2017101210432039f.jpg








コスモスを堪能した後 せっかくここまで来たし…帰るには 時間も早いし
確か この辺だったんじゃないかな~ って 検索



そしたら この場所から 20分くらいの場所にあるらしいので GO







太郎坊宮(阿賀神社)
標高350mの赤神山(あかがみやま)の中腹にあり、“太郎坊さん”の名で親しまれています。
約1400年前に創始されたと言い伝えられいます。
勝運・厄除・開運・商売繁盛に御利益があり、天照皇大神の第一皇子神、正哉吾勝勝速日天忍穂耳尊(まさかあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)を祀っています
9_20171012104321fb4.jpg

ずっと以前 バイクでこのあたりを走った時に 機会があれば 登りたいね~って 言ってた場所。



すぐ近くの無料駐車場に車を停めて。

階段下まで歩いて行ってみますと…


「山上駐車場!」
ってぇ 事は 車で上がれるってわけ?

なんだか ちょっとガックリ。 

10_20171012104329b44.jpg

もう車停めたし。 


せっかくだから 歩いて上がりましょ~!!

11_20171012104639813.jpg


久しぶりの階段上り
のんびり ゆっくり上がりましょ
でないと… 膝にきますからね~


12_20171012104640eb9.jpg

階段横には 奉納された石碑が並びます。
均五百圓だとか 壱千圓だとか 今のお金にすれば いくらぐらいなんでしょうね~





そして ここが 車で上がってきた駐車場。

13_20171012104642bf7.jpg
ここから 表参道 裏参道と 両方からあがれるみたいですね。

私たちは 表参道から。




少し上がった所から素晴らしい風景が望めました。


14_20171012104643e53.jpg


また 石段を上がって行きます

両側には 社や 蔵みたいな建物がありました。
この山場に たぶん人力ででしょうね 建てられたんですから
すごいですね 昔の人は。

15_201710121046370a7.jpg




大きな岩が見えます。

16_20171012104704e6c.jpg


夫婦岩と書かれています。

17_2017101210465804a.jpg


夫婦岩という巨岩は、神力によって左右に開いたといわれ、
巨岩信仰の中心となる岩で、この前を嘘つきな人が通ると途端に岩に挟まれてしまうのだそうです

18_2017101210470011d.jpg
嘘をついたことはありますが 挟まれなかったので ヨシとしましょか  笑


大きな石ですね~

19_20171012104701467.jpg


そして 素晴らしい展望です。

20_20171012104703022.jpg


東には鈴鹿連峰 天候の良い日は青山高原
南には甲賀・湖南地域や遥か奈良県の山並が、西には比叡山や琵琶湖等が見えるそうです。

21_2017101210471885d.jpg

階段を上がってきて 汗が流れる体に 風が とても気持ちいい!





さて 降りましょう


22_20171012104719fd6.jpg


途中に願かけ殿や岩で刻んだ七福神がありました


23_20171012104721715.jpg




田園風景が 綺麗


24_201710121047228d6.jpg





降りきると 大丈夫かと思っていた 足が膝が がくがく
なまってますね~







帰りは 名阪国道より 帰宅。

25_20171012104716d77.jpg

連休最終日 
とーちゃんも 気分転嫁できて よかったかな~。









 





Posted on 2017/10/12 Thu. 10:56 [edit]

category: 未分類

TB: --    CM: 0





12

中咽頭癌 ‐ 通院   

10月4日 通院。

血液検査


喉もとてもきれいに治ってきているし 順調だとの事。

今までは喉もカサカサ状態だったのが
ツヤツヤと 潤ってきているそうです。

唾液も少しずつ出始めているとのことでした。


ただ 白血球の数値がが治療をするほどではないけれど 低いので
風邪をひかないよう 言われたそうです。

その数値 退院当初から低かっただろうに
なぜに今になって?
もっと早く教えてよぉ~って いう感じです。

これから 寒くなって風邪のシーズンに入ってくるからかもしれませんね。

白血球が少ないという事は 細菌に対する抵抗力が落ちるという事


家族も 手洗いうがい 気を付けねば です。



周囲の皆さんにも心配かけた 今回の大病
出会った人に言われるそうです


「顔色いいね~~」


とーちゃん 喜んでいます。
顔色がいいのは 元気な証拠みたいなもんですから。



「ガン」と聞いて 人が受ける印象というのは 
やはり 顔色が悪かったりだとか 痩せていたりだとか でしょうか

私もそんな印象を持っていました。




癌と診断された当初は
「ガン患者」もしくは 「ガン患者の家族」みたいなもので
ひとくくりにされたような 隔離といえば変ですが 一種切り離された 皆とは違う 浮き上がった存在 
そんな感じに思ってしまっていました。



今は そんなことみじんも思っていませんが
とーちゃんがこの病気になって 得たものもたくさんあるので
病気に感謝…する部分もたくさんあります。



ともかくも ガンに治療後 5年寛解といわれるようですが
再発2年というのが  多いらしいです。

まずは 2年  目指して闘っていきます。













 





Posted on 2017/10/04 Wed. 11:19 [edit]

category: 未分類

TB: --    CM: 0





04