10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

風のいろ

明日 お天気やったら嬉しいなぁ 

談山神社 

11月15日


母のお見舞いに行った帰りに 
あちこちと 道草

IMG_6957.jpg

綺麗なモミジの所で写真撮ったりしながら。

1_20171116105443c28.jpg



夕刻 日が陰ってしまって きれいじゃないかもと思いつつも 立ち寄ってみた。


2_20171116105446432.jpg


談山神社


谷にあるせいか 気温が低く 寒い
日が射しているのは上のほうだけ


時間のせいか 人もまばら そろそろ店じまいをする露店も。

1_201711161103498ee.jpg


拝観料 お1人様600円を払って中へ



3_201711161054475d6.jpg

日が射していれば もみじの赤もくっきり だったんだろうけど
これはこれで いい感じ。



静かで いい感じ



楼門 拝殿 も重要文化財らしい。

2_20171116110351354.jpg



藤原鎌足公をお祀りする本殿 これも重要文化財だそう

3_20171116110348dd9.jpg 
重厚な雰囲気







6_2017111610545996c.jpg

拝殿の中には いろいろな展示物が 中には戦国時代のものもあったりで。

7_20171116105500c49.jpg










室町時代に建てられた十三重塔
木造十三重塔としては世界唯一らしい。

4_20171116112204684.jpg

古めかしく重々しく …
こういうのを見ると 昔の人はすごい!って思ってしまうねぇ






8_20171116105502dae.jpg

銀杏の絨毯が屋根にも下にも








1_201711161127115f2.jpg



私たちで最後くらいかなと思っていたけど まだまだ後から来られる方も。

10_201711161054577f8.jpg









露店で こんにゃく煮を二つ買って ゆず味噌を付けてもらう。

こんにゃくからたちのぼる湯気に
もうすぐ冬がくるんだな~って。

ハフハフ こんにゃくを食べながら 駐車場まで。








 





関連記事

Posted on 2017/11/16 Thu. 11:20 [edit]

category: 未分類

TB: --    CM: --





16

ご褒美ツーリング 2泊3日 3日目 田子倉ダム~ ② 

このツーリングから 帰ってはやもう二週間近くたってしまいました。

11月から ようやく着付の仕事に復帰
ばたばたと慌ただしく毎日を過ごしています。



只見の美しい紅葉を堪能したせいか 
どうも 紅葉の季節は 終わってしまったような感覚になってしまっています。
でも 関西の紅葉は これから!
機会あれば 綺麗なもみじを探しに 走れたら いいかな~ と思ったりもしています。




---------------------------------------------------





田子倉湖を 出発します。







ここから 綺麗な紅葉が続きます。
お日様が出ていれば と 何度も思った風景でした。




29_20171107170853f9e.jpg

上のほうは もう枯れてしまっているでしょうか。


30_201711071708540bf.jpg






車がいっぱい停まっている場所からは アイヨシの滝が見えました。

31_2017110717085680f.jpg







32_20171107170857219.jpg






見通しの良い所で 停まってみました。

34_201711071709116b6.jpg

眼下には田子倉湖

33a.jpg




視線を変えれば険しい山々

33_201711071708595ad.jpg



雪割街道展望所がありました。

35_20171107170913a8e.jpg


続くスノーシェッドの道
山の上のほうは もう紅葉が終わっていそうですね

36_20171107170914455.jpg





そして 新潟県に入りました。

37_201711071709164d7.jpg




どんどん 山を下りていきます。

38_2017110717105950d.jpg






今日は バイクにもたくさん出会いました
そのたびに 大きく手を振って ご挨拶 



39_20171107171100306.jpg
R252から R290へ 






道の駅 R290 とちおで休憩~。
時間は 11時40分  おなかもすいたので ここで昼食をとることにしました。




揚げたて油揚げとあります。

焼き油揚げ定食を注文しました。
おネギとしょうががたっぷりと乗っています。

41_20171107171055403.jpg

アツアツ♪
おおきな油揚げで 食べ応えがありました。







そして R290から R351へ

42_201711071710573cd.jpg

楽しい道も終わり
長岡北スマートETCから 北陸道へ IN

ここから長い長い高速走行です。






2日前に通った 関越道への分岐を超え 
左に雪山が見えてきました
雪山見えると なぜだか テンション上がります。

43_2017110717111503e.jpg

名立谷浜SAで 休憩 給油



天気予報では 午後から雨
雨に遭うことは 覚悟ですが さて どこまで ドライで走れるか です。



44_2017110717111689b.jpg


桜並木のある川の所からも ど~ん

45_20171107171118bac.jpg

つまらない高速走行が 楽しくなる時です。

46_20171107171111742.jpg



黒部川からも どーんと白馬でしょうか 雪山が見えました。




47_201711071711121fa.jpg


綺麗ですね~

48_20171107171113189.jpg







入善PA手前から 少し空が暗くなりはじめ 
そろそろか合羽を着たほうが いいかなと思いながらも 通り過ぎ 
通り過ぎたその後すぐに  ポツポツ!




やっぱりあの時PAに入ればよかったと 思っても後の祭り

49_20171107171226085.jpg


幸いなことに ぽつぽつ雨で 流杉PAまで 走ることができ そこで カッパを着こみました。









尼御前にSAにて 休憩給油
ここまでも 本格的な 雨が降らずに 走れました。


50_20171107171227c12.jpg






本格的に雨模様になったのは その後でした。



多賀SAで 休憩 お夕飯をここで ゆっくり食べて
後は お家まで。


51_20171107171224b10.jpg


午後 20時半 無時に帰宅。


言えに着いた時には 雨もほとんどやんでくれていました。




最後は雨で締めくくった今回のロングツーリング。
2日間しっかり晴れてくれて とても綺麗な紅葉を見れました










さて 大塩原温泉で買った山塩
袋色のものが売り切れで ミル付きのものを買ったんですが お味はというと…
DSC04149.jpg
とんがっていず 柔らかでとてもやさしい 美味しいお塩でした♪
おにぎりなんかに使っても 美味しかったです~。















とーちゃんの大病から 約半年
当初はほんとにバイクに乗れるんだろうかと 危ぶんだ時期もあったりで…

バイクにのるんやろ? 一緒に走ろうよって 励ましたり…


よく乗り越えてくれたと思います。

ツーリングの間 前を調子よく走っていく とーちゃんを見て
こうして また夫婦2台で 走れることに 感謝したツーリング。



また 二人で旅に出たいですね~ 
今度はどんな風景を 見ることができるしょうか。
楽しみです。







長々と読んでいただきありがとうございました♪






 





関連記事

Posted on 2017/11/07 Tue. 17:16 [edit]

category: 東北

TB: --    CM: 10





07

ご褒美ツーリング 2泊3日 3日目 ① 大塩温泉~田ノ倉湖  

10月28日(土)



吾妻磐梯を無事にリベンジ 蔵王まで走れてしまい
夕方には 天使の階段もみれた昨日
1_20171104114838586.jpg




今日は 関西に向けて出発の日。


天気予報では 午後からあいにくの下り坂
関西では 午後にはしっかりとした雨になっている模様

2_201711041148400ef.jpg

朝起きると こちらではまだ青空が見えていました。





6時に起きて 朝風呂に入って ほっこり
昨日とは違い 朝食をいただいてから ゆっくりと出立の準備。 




出発の準備をしていると 昨夜お風呂で会ったご夫妻が来られました。
私たちのバイクの隣に停めた車が ご夫妻の車だったようで。

これから 仙台に向けて走り そこから飛行機とのことでした。


お互いの旅の無事を祈り お別れしました。

3_20171104114841c74.jpg





大塩原温泉を後にします。
4_20171104114843836.jpg



R459 から  最初に見つけたGSにて 給油

5_2017110411483744f.jpg


そこからは ぐるぐるナビ様の 言う通り  69号 127号 
右手に冠雪した飯豊連峰を見ながら。


 

 
東北らしい 広々とした田園風景が広がります。

6_20171104114852ad7.jpg



R49  R252 沼田街道へ




途中 また アマチュアカマラマンが数人いたので カメラを向けてみました

7_2017110411485351a.jpg

綺麗な紅葉と お寺でしょうか。
雰囲気ある風景が 見えましたよ。







発電所が見えたり

8_20171104114855e95.jpg


曲線が美しい橋を走ったり
雲海の名残か 山にうっすらと 霧の筋がかかった 幻想的な風景の中を走りました。


9_20171104114849f5d.jpg



只見線が横を走る

11_20171104115004d92.jpg


日が差さないせいか しっとりひんやりした中を走ります。


橋や 集落 変わっていく風景を楽しみながら

12_20171104115005be4.jpg



ごつごつとした山


13_2017110411500788a.jpg


そしてダム湖 
綺麗でした。


14_201711041150082c5.jpg







道の駅かなやまで 休憩

珍しい赤カボチャソフトクリームがあって気にはなったのですが
今日はお日様が出ていないので 気温もあまり上がらず 身体も冷えていたので
食べる気には なりませんでした

15_201711041150022f5.jpg







機械的なダムの道 そしてスノーシェッド。

16_201711041150224c6.jpg






お日様が出てれば もっと綺麗だったんだろうな~ と 思いつつ


17_20171104115016c7e.jpg



向こうに見えるラインが綺麗な橋も ビューポイントになっているようでした。

18_20171104115018d1c.jpg







只見線の橋梁と 紅葉
こういう橋が見えるところでは 必ずカマラマンの姿が ありました。

19_2017110411501906f.jpg






こういう何気ない集落の風景にとても心動かされる時があります。
勝手ではありますけど 変わらずにこのままの風景であってほしいと思ってしまいます。

20_201711041150214dd.jpg



只見線が 国道の上を交差していきます。

21_201711041151509d8.jpg








只見駅を過ぎ

22_20171104115151aa3.jpg








田子倉ダムが見えてきました。


23_201711041151531f9.jpg





ダム下まで 行くと きゅきゅっと右折
カーブを曲がったその先には 綺麗な紅葉!

24_20171104115154b24.jpg







休憩かねて ダムで停まりました。
バイクも数台いました。

車が多かったですね


25_201711041151481b7.jpg







ダムサイトまで 降りてみました
26_20171104115206606.jpg



ダム下に広がる 綺麗な風景 

27_20171104115207617.jpg

続くあの道を走って来たんですね



広いダム湖 
28_201711041152093b6.jpg

お天気だったら! 


そう何度も思いました。






4年前に新潟から 会津に向かって走った時の記憶と重ね合わせながら。。













 





関連記事

Posted on 2017/11/04 Sat. 11:53 [edit]

category: 東北

TB: --    CM: 2





04

ご褒美ツーリング 2泊3日 2日目 蔵王エコーラインハイライン-そしてまた会津へ ② 


とーちゃんも私も 会津磐梯スカイラインを 無事にリベンジでき
意気揚々と 次の場所へ。


26a_20171031170012dd8.jpg





下道と高速 20分~30分の差
でもここは この20分30分が惜しい
時間をお金で買って。東北道を 北へ バビュン。




福島飯坂ICから白石IC まで

c_201710311827132f1.jpg





そして R457
レレレ? ちょっと思っていたような道と違うぞ? なんて 道に。

30_20171031182714930.jpg





途中 ちょっと危ないことがありました

小さな集落の所

とーちゃんは 「止まれ」で いったん停止してたんです。

それに気づかず 私はスピードも落とさず 危うく とーちゃんにぶつかりそうに!
直前で 横をすり抜けることができ 事なきを得ましたが

あのまま ぶつかっていたら…
または とーちゃんの横をぬけたはいいけど 車が来ていたら…

そう思うと 冷や汗が出ました。



気を付けないと  ですね。








そんなこともありぃので 何もなかった事に感謝しつつ走っていると











おっ?あれは?

1_2017110213162361d.jpg


蔵王?

30a_20171031182716234.jpg

蔵王だーーーっ!

30c_201711021317501f4.jpg

そして ここは 宮城県
宮城県まで 走ってきてるんだよぉ すごいね~












ルートを変更するかで 迷っていた時に 
吾妻磐梯とともに 一緒に浮かんだのが 蔵王エコーライン


でも…行けるか?


やっぱり時間的なものを 考えたけど
とーちゃんしっかり乗り気に。



蔵王エコーラインも 磐梯吾妻スカイラインと 同様
台風の後 23日24日あたり 寒気が入り 凍結のため全面通行止めになっていた。

う~~~ 
このまま通行止めが続くか
それともこのお天気で 通行可能になるか…・



毎日 道路状況をチェック


そしたら 出発前日24日は通行可能に。



やったー!
これなら 行ける!




そんな感じで このツーリングに出たのでした。





ちなみに 週末の雨以来また 寒気が南下
磐梯吾妻も蔵王も積雪で 通行止めになっているようです。






さて話を戻しましょう





R457を 快調に走り

30b.jpg




R457から12号

1_2017110213190037c.jpg




蔵王エコーラインに入ってきました。






細かなターンの繰り返しで 標高をあげていく

31_2017103118273038b.jpg

あがって行くにつれ 紅葉も鮮やかに

31a.jpg





そして 紅葉のおわりへと


33_2017103118290171f.jpg


いろは坂のように 短いスパンでのカーブの繰り返し


34_20171031182903b1e.jpg


残念ながら あがるほうでは 走って来た道などみえそうもなく
もしかしたら 反対に走るほうが いい感じなのかも。





それでも 蔵王 五色岳を見ながら 上がって行く期待感 高揚感は おおっ!というものがあります。




ここで ちょっとトイレ休憩をして

35_20171031182857699.jpg


また カーブを繰り返し あがって行きます。



磐梯山とはまた違う火山の様相


36_20171031182858c61.jpg



なんだか 自然のすばらしさ 恐ろしさみたいなものも感じますね


37_20171031182900b28.jpg





そして 蔵王ハイラインへ。
蔵王エコーラインより分岐した2.5kmの有料山岳道路です。
1台 380円を 払います。


39_20171031182919705.jpg



またくる~んとあがって行きます

40_20171031182921549.jpg





ハイライン駐車場
結構車も来てますね~

41_201710311829151ee.jpg


残念ながら 山形県側は 霞んでしまってあまり よく見えません。




駐車場のおじさんによれば 朝は山形県側もくっきりと見えたそうです。
それに 今日は お釜が はっきりと見えるそうです。




ではではと  コンビニで買ったおにぎりとお茶をもって
お釜を見に行きましょう





蔵王レストハウスと駐車場のようすです (写真はお借りしました)
42_20171031182916a16.jpg




お釜…
遊歩道を どれだけ歩けば みれるのかな~


43_20171031182918df5.jpg

右上には 神社のようなものが見えるけど…







そんなことを言いながら少し歩くと  見えました!

44_20171031183040b44.jpg



火口の周囲が黒いですね

45_201710311830416ed.jpg



見えました! お釜です。




綺麗なグリーン

46_2017103118304320c.jpg

蔵王刈田岳・熊野岳・五色岳の3峰に抱かれた円型の火口湖。
湖水は強酸性のため生物は生息できないそうです。
水温は表面から10数mの深度で摂氏2度まで下がり、
それより深度を増すと温度が高くなる特殊双温水層で、世界でも例がない湖らしいです。
太陽光線の当たり方で様々に色を変えるため、「五色湖」とも呼ばれています。
南西から流れ出て濁川となり、賽の磧の北側を迂回して太平洋側へ流れ出ているのだそうです。

47_20171031183037b37.jpg


東側を見ると 宮城県のどこかの町が遠くに見えます
もしかしたら その向こうに 見えているのは 太平洋かな

48_20171031183038724.jpg

素晴らしい風景です。





あれは 走って来た道でしょうか

49_2017103118305889b.jpg


写真撮ったり 見たりして 一息

それでは ここで 昼食とします。
素晴らしいお釜と遠景を見ながら 石に座って いただきました コンビニおにぎり。

1_2017110213454033a.jpg





ゆっくりとレストハウスまで戻って お土産を物色。







駐車場に戻ると また バイクに乗られた方が来てました。
駐車場のおじさんに 早くいかないと 雲がやってきてるから 見えなくなるぞって
急がされてました。



お釜がはっきりと見えるのは そう多くないらしいと
後で聞いて ほんとにラッキーだったのだと 思いました。











そして 蔵王エコーラインを降りていきます。

50_20171031183100b93.jpg




このあたり 紅葉が綺麗なのは10月中旬
こちらも紅葉はすっかり終わっていますね



山形県に入りました。

51_20171031183101829.jpg




どんどんはしって 降りてきました






52_201710311831031d7.jpg


上山市に入ってきました。

53_20171031183057533.jpg


山沿いにも 走れそうないい道があったんだけど
ぐるぐるナビ様の言う通り 最短時間の道をチョイス


1_2017110214080415b.jpg



13号上山バイパスから  時には 除雪車ひきいる渋滞に入ったりしながら 
お利口に いう事を聞いて走ります。


2_20171102140805af1.jpg



あ~ でもやっぱり だめですね 
ぐるぐるナビ様に 頼っていると 自分がどこ走ってるか わからなくなって
チョットよさげな道にも それる事さえできません。

やっぱり マップル見ながら 走らないとだめですね~




チョットした冒険も ツーリングのスパイス 






上山市から米沢市へ






街中走りに 少し疲れて R121 そばの コンビニ休憩
おやつをおなかに入れて。

3_20171102140804634.jpg




234号から 2号

山の中へ入って行きます

54.jpg


山はいい!



クネクネと また 峠を上り

55.jpg


見晴らしのいいところで いったん停まって

56_2017110213565255d.jpg

向こうの山は どの山になるのか 皆目見当もつかないけれど
いい風景ですね~

57_20171102135654ce9.jpg







しばらく走った所で また カメラマンが いたので停まってみました





そろそろ夕焼けの時間
それを狙って カメラマンが 三脚立てていました

58.jpg



天使の階段がみえました

59.jpg


そして  桧原湖かな?

60_20171102135718c0a.jpg 61.jpg



61a.jpg



この道を選んだ理由は あと少し先




62.jpg



もう少し先の展望台



63.jpg


64.jpg


ここ! ここ! と思ったところ
車がたくさん停まっていました。


65_20171102135826e79.jpg

磐梯山を望み 道路が下に見える場所 

1_20171102143533d44.jpg





これですこれ! これが見たかった~

66.jpg




見れたので 満足
さて そろそろお宿に向かいましょう


上から見えた 道を降りていき

67.jpg

桧原湖の横を走り

68.jpg


磐梯山が見えるところで また 写真を撮る


69.jpg


そして R459  朝走ったところ ちょうど 1周してきたことになりますね~







時間は4時半 少しだけ寄り道します


71.jpg

少しだけ 五色沼を見てみました


全部回るには 時間がかかりそうなので 弥六沼と柳沼

72.jpg


湖面の映り込みを狙って。

73.jpg

しっとりと濡れた 林の中も綺麗です。

74.jpg





それでは お宿に向かいましょう

70.jpg


ゴールドラインとの交差点を過ぎ
そのままR459を走ります


75.jpg






5時半ごろ お宿に着きました
今夜のお宿は 大塩裏磐梯温泉 ホテル観山
弱食塩泉のしょっぱい温泉らしいです。


76.jpg


今夜は早めの到着

ゆっくりのんびり お風呂をいただきました

確かに温泉 しょっぱかったです。




露天風呂で 関西は京都綾部から来られたご婦人に会いました
仙台まで飛行機で来られ レンタカーで 蔵王やらをめぐってこられたそうです。
お嬢さんが 宇陀にお嫁に嫁がれて いとこが生駒に住んでおられるとかで
話が盛り上がってしまいました。



page_201711021457086e2.jpg

またまたお腹いっぱいいただいて 
そして 早めの就寝




この温泉 温泉から塩を精製した温泉塩 会津の山塩というものがあるらしいです。
海の水から塩を作るのは よく聞きますが 温泉から塩だなんて 初めてです。


原泉から汲み上げた温泉水を、1割の量になるまで新窯で煮詰め
天日にさらし自然乾燥し、煤などの不純物を取り除けば会津山塩の完成なんだそうです。


買って帰ることにしました。





明日は お家に帰る日です。
二泊三日 あっという間 ですね~ 








 





関連記事

Posted on 2017/10/31 Tue. 18:32 [edit]

category: 未分類

TB: --    CM: 6





31

ご褒美ツーリング 2泊3日 2日目 吾妻磐梯スカイラインへ ① 



10月27日(金)




昨夜 10時ごろに寝たせいか 二人とも 朝の3時ごろに目が覚めてしまいました
(おバカな夫婦です ^^;)
ツーリングハイですかね~



それから 目がさえてしまって寝れなくて 
二人で お天気どうやろね~だの とりとめのないことを 話したりしていました。






いつの間にかまた 寝たんでしょうね
次に 眼を開けた時には 外が明るくなっていた

1_2017103116235976c.jpg




朝風呂へ GO! 
お風呂からあがったそのままの足で朝の散歩に。




2_20171031162400d2c.jpg

古い温泉街 中には潰れてしまったお宿もありました。






そして ロビーをウロウロ
展示されていた写真などを拝見

大正時代に撮られた写真がありました。
4_20171031162403c6b.jpg
このお宿の 前の橋 
人力車が 映っています。

これが現在のお宿
3_201710311624027e2.jpg

そんな頃から続いている 歴史あるお宿なんですね。






朝ごはんまで まだ時間がありそうだったので
外で冷えたからだを  再び温泉であっためて。








朝は バイキングでした。
5_20171031162357914.jpg

和食中心のバイキングで 郷土料理の煮物がたくさん ありました。
バイキングは あれもこれもと たくさん食べてしまいがちです






お部屋に戻て 出発の準備

清算を済ませている間にとーちゃんが 東屋からバイクを出しておいてくれました




さて 出発です。
天気予報では 晴 気持ちよく走れそうです。





ところが 朝 街の中を走ると 霧
スカイラインも霧だったら 嫌だな~ と思いつついましたが

6_201710311624122fe.jpg

街を抜ける頃には すっきりと晴れてくれました。





そして 磐梯山ゴールドライン

7_201710311624142e5.jpg 
磐梯山も くっきり!

8_20171031162415e31.jpg


山湖台
猪苗代湖には 霧がかかってしまってます

9_20171031162417ce2.jpg


ちなみに4年前の時はこんな感じでした
a3a_201310302205031c0_20171031164603112.jpg
ここから後 濃い霧に包まれて 雨が降り出したんですよね








晴れているって嬉しいですね
リベンジできそうです!

10_201710311627284f3.jpg


ゴールドラインから レイクラインへ
1_20171102124641f49.jpg






2_201711021246420c9.jpg



小野川湖が見えたり

3_20171102124644b2d.jpg 

ぱぁっと開ける場所があったり

4_20171102124645d24.jpg




5_201711021246473eb.jpg


秋真っ盛りの場所を走ったり


6_20171102124854459.jpg


霧の中こんな場所を走ってることも知らずにいたあの日


7_20171102124855f6e.jpg

リベンジだーーーーっ!









そして いよいよ日本の道100選 吾妻磐梯スカイライン

13_20171031162603c95.jpg

さっそくに写真を撮って。

14_201710311626041ef.jpg



こんなに綺麗な景色が広がっていたんだ!

15_20171031162606100.jpg

あの時 霧と雨の中の走行で 横も前も後ろも 何も見えず
ただただ 道路を見つめて 走り続けるだけで 梅畑の中を走っているような 感覚だった。

16_201710311627493ad.jpg


こんなに高い所を 走ってたんだ~ と 改めて 感動

17_20171031162743b1c.jpg

上のほうの紅葉は もう終わっていますね




浄土平が見えてきました。

18_2017103116274508a.jpg


ここまで 車もいたけれど割と少なくて 気持ちよく走れてしまいました。


前と同じところに バイクを停めて。

19_20171031162746cd9.jpg


とーちゃんはとーちゃんで 浄土平も雨
吾妻小富士にも上ってないという事なので 上がってみましょう


吾妻小富士の看板?が石碑になっていました。

20_20171031162748828.jpg

ぜ^ぜーはぁはぁ と 上って。

20a_20171031165955dff.jpg




くっきりすっきりです!

21_20171031165957185.jpg



とーちゃんも感動

22_20171031165951982.jpg



写真でよく見たあの道が 目の前に 

23_20171031165953448.jpg

すごい道です。

24_20171031165954e77.jpg





ひざを痛めないように ゆっくりと吾妻小富士を降りて
レストハウスをちょっと覗いて お土産を少し購入。


















そして 出発


25_201710311700091c4.jpg

とーちゃん楽しそうに走っていきます

a_201710311705139ce.jpg


硫黄のにおいがプンプンします

26_20171031170011953.jpg

こういうところで 窓を開けないようになんて書かれてあるけど
バイクは窓閉めるわけにもいかないですもんね

26a_20171031170012dd8.jpg


どんどん下から 車やバイクが上がって来ていました。

27_2017103117000607e.jpg

こちら側からのほうからが 多いのかな。


不動沢橋
紅葉も終わってしまっていますね
28_201710311700089b7.jpg




スカイラインから 降りてきました。




吾妻磐梯スカライン リベンジ成功~~  デス。







時間は11時過ぎ まだまだ時間はあります。








入りたいと思っていた広域農道通り過ぎてしまったので
フルーツラインへ

b_20171031172601811.jpg


途中 コンビニで 休憩。
そして また おにぎりを仕入れて。



29_20171031171248d4d.jpg








東北道へ!













 





関連記事

Posted on 2017/10/31 Tue. 16:28 [edit]

category: 東北

TB: --    CM: 4





31